《パーフェクトパフォーマンス アンジュ/Perfect Performance, Ange》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
バミューダ△ - マーメイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(2),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] いずれかの、(V)以外のサークルのカードを好きな枚数選び、手札に戻す。戻したカード1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+5000。5枚以上戻したら、1枚引く。7枚以上戻したら、そのターン中、このユニットのドライブ+1。

 七色の歌姫で収録されたバミューダ△Gユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(2)とGゾーンから裏のカード1枚を表にすることで、いずれかのヴァンガードサークル以外のサークルカードを好きな枚数選び、手札に戻し、戻したカード1枚につき、パワー+5000を得て、5枚以上戻したら、1枚ドローし、7枚以上戻したら、ドライブ+1を得るジェネレーションブレイク(2)の起動能力を持つ。

 効果量は手札に戻したカード1枚につきパワー+5000となり、こちらのカードのみを戻すだけでも最大でパワー+25000を得られるが、他のファイターカードも戻すことでそれ以上のパワーを得ることもできる。
 ヴァンガードサークル以外のサークルにあるカードであれば、リアガードサークルに限らず、呪縛サークルも選べるので、呪縛カード手札に戻すという疑似的な解呪能力としての役割も持たせられる。

 ただし、他のファイターカードも選べることを利用して相手カード手札に戻した場合、継続効果効果量をさらに稼げ、追加効果要件を満たしやすくなるといった利点あるが、相手手札を増やしてしまうことになる。
 《スカウティング・オウル》《ナース・オブ・ブロークンハート》《創世獣 デスティニー・ガーディアン》等の能力の利用及びそれを絡めたコンボの妨害が狙えるリターンもあるが、相手の補助に繋がるリスクが大きいので選ぶカードは慎重に選びたい。
 相手フィールドに処理しておきたいカードがない場合は、インターセプトが行えるリアガード辺りを手札に戻しておくとよい。

 追加効果は、5枚以上戻したら1枚ドローする単発効果と7枚以上戻したらドライブ+1を得る継続効果

 それぞれ1枚分のアドバンテージにはなるが、他のファイターカードに頼らずに使えるのはドローまでとなり、ドライブの増加は他のファイターカードを2枚以上手札に戻さなければ利用することができない点に留意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「Chouchou」の発足当時、一世を風靡していた若きトップアイドル。「音楽」が密接に関わるあらゆる分野において非凡な才能を発揮しており、「広義の音楽ジャンルにおいては“バミューダ△”史上最高」とまで評される至高の逸材。歌を歌えば歌手を圧倒し、弾けばミュージシャンを凌ぎ、踊ればダンサーに膝をつかせる――そういった数々の逸話から、いつしか「パーフェクトパフォーマンス」という通り名が付いて回るようになったという。瞬く間にトップに上り詰めたという印象が強いため、幼い日よりこなしてきたハードなレッスンを今なお欠かさない努力の人である……という事実を知る者は少ない。彼女の話題で埋め尽くされていた世界に浮上したアイドルグループ「Chouchou」。新たな強敵(ライバル)の出現に、「パーフェクトパフォーマンス」は心を躍らせた。

  • Gユニットは原則的に未来や過去の英雄の召喚、自身の未来や別の可能性を身に降ろす事で呼び出せ、現存する場合でも呼び出せるのは神や神竜、最上位精霊といった上位生命体のみである。
    上位生命体やギアクロニクルの一部、設定が他のクランと異なる刀剣乱舞以外では現存しつつGユニットとして扱われる珍しいカードである。

FAQ 節を編集

  • Q3446 (2017-07-06)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3450 (2017-07-06)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3451 (2017-07-06)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3453 (2017-07-06)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q3463 (2017-07-06)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3509 (2017-07-06)
    Q. 呪縛サークルも含めてよいのですか?
    A. はい、そうです。
  • Q3510 (2017-07-06)
    Q. 相手のサークルや呪縛サークルにあるカードも選べますか?
    A. はい、選べます。それらは持ち主の手札に戻ります。
  • Q3511 (2017-07-06)
    Q. 相手の「抵抗」持ちのユニットも選べますか?
    A. いいえ、選べません。

収録情報 節を編集

クランブースター七色の歌姫G-CB05/001 GR イラスト/ひと和彼女の登場によって、世界の音楽シーンは一変した。
G-CB05/S01 SP イラスト/ひと和(※なし)