(きずな)解放者(リベレイター) ガンスロッド・ゼニス/Liberator of Bonds, Gancelot Zenith》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ゴールドパラディン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「解放者」を含むカード,あなたのグレード2以下のリアガードを1枚選び、山札の下に置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、残りのカードを山札の下に置き、そのターン中、そのユニットのパワー+10000。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「孤高の解放者 ガンスロッド」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 光輝迅雷で収録されたグレード3のゴールドパラディン

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックした時にエスペシャルカウンターブラスト(1)とグレード2以下のリアガード1枚をデッキボトムに置き、デッキトップからゴールドパラディンを1枚までスペリオルコールし、パワー+10000を与える自動能力

 レストしたリアガードデッキトップと入れ替えれば疑似スタンドとなる。
 枚数的なディスアドバンテージはないため、使用可能な状態ならどんどん行っていきたい。

 更に大幅なパワー+10000を与えるため、大量に相手シールドを奪うことが期待できる。
 コールされたのがトリガーユニットでもパワー15000程度は確保できるため、少なくともヒットが全く狙えないということはまずないだろう。

 パワー11000以上のユニットスペリオルコールされれば単独でもパワー21000ラインを形成できるが、確率としては低い。
 逆に、ブースト要員を残して単独でアタックさせたリアガードを入れ替えれば、スペリオルコールされたのがトリガーユニットでも容易にパワー21000ラインを作れるため、比較的安定する。

 不確実ながらリアガードの整理が行える点を活かし、ドロートリガーなどは序盤から積極的に展開していきたい。
 同様の理由で、ゴールドパラディンが得意とするデッキトップからのスペリオルコールとも相性が良い。

 エスペシャルカウンターブラスト(1)と低コストであり、リアガードサークルが埋まっても支障がないため、山札からのスペリオルコール手段の中でも連発しやすい。
 《寡言の解放者 ブレンニウス》《五月雨の解放者 ブルーノ》などを安定して活用しやすいのも良い点と言える。

 グレード2以下のリアガードしかコストにできないため、左前列や右前列グレード3で埋まると一気に使いにくくなる点には注意したい。

 《孤高の解放者 ガンスロッド》クロスブレイクライドすることが可能であるが、パワーが増加したままスタンドするわけでもなく、対象を確保するための展開補助ができるわけでもないので、相性は良くも悪くもない。
 強いて言えば、上記のように多少ながら積極的なリアガードの展開を行いやすくなる点はサポートになり得る。

 対して《剛槍の解放者 ブレオベリス》との相性はまずまずと言ったところで、ブレイクライドスペリオルコールした不要なリアガードを処理できる点は相性が良いと言える。
 ただ、このカード自体は極端に言えばリアガードが1枚のみでも機能するため、スペリオルコールに特化したブレイクライド自体と相性が良いというわけではない。

  • 3DS版「ロック オン ビクトリー」では何故か彼のどのデッキにも採用されていないという扱いを受けているが、アイチのアバターを活用すれば、アニメと同様の口上を聞くことができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖域全土でその名を知らぬ者無しと謳われる歴戦の勇士。 空域警護の要、神聖国家第二正規軍“ゴールドパラディン”「天馬騎士隊(ペガサスナイツ)」の隊長を努める。 仲間からの信頼は古参の騎士の中でも一二を争うほどで、その勇名は騎士王の懐刀「ブラスター・ブレード」や、救国の英雄「エイゼル」に勝るとも劣らない。 また、如何なる時でも民や仲間の身を案じ、己が視線の内にあるもの全てを守ろうとする彼の姿勢は、騎士王の抱く理想に誰よりも近い。 禁忌の子として忌み嫌われ、孤独を背負った日もあった。 同じ志を持つ友を得て、仲間の大切さに気付いた日もあった。 過ぎさった日々の全てが、彼に真の絆の意味と、信頼が生み出す強さを教えてくれた。 その全てを絶えず噛み締めながら、騎士は掲げた腕を振り下ろす。 今、「天頂(ゼニス)」の号令の下に、天馬の軍勢が蒼空を翔ける。

  • 「ゼニス(Zenith)」とは設定文の通り、「天頂」、「頂点」、「絶頂」といった意味である。

FAQ 節を編集

  • Q711 (2013-12-11)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q714 (2013-12-11)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 見たカード全てを山札の下に戻して下さい。
  • Q715 (2013-12-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q716 (2013-12-11)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q753 (2013-12-13)
    Q. ヴァンガードのアタック中に、能力によって山札から「月影の白兎 ペリノア」がコールされました。「月影の白兎 ペリノア」を能力で(V)に置いた時、アタックはどうなりますか?
    A. アタックしているユニットがいなくなるため、そのバトル中、ドライブチェックやヒットの判定は行われません。また、「絆の解放者 ガンスロッド・ゼニス」の効果でコールされた「月影の白兎 ペリノア」を能力で(V)に置いた場合は、サークル間の移動のため、パワー+10000は失われません。

収録情報 節を編集

ブースターパック光輝迅雷BT14/002 RRR イラスト/萩谷薫彼は、誰よりも絆の力と、価値を知っている。
BT14/S02 SP イラスト/萩谷薫気高き魂は、天頂に達する。