星輝兵(スターベイダー) ヘリオポーズ・ドラゴン/Star-vader, Heliopause Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1)] あなたの「星輝兵」を含むヴァンガードがいるなら、相手の後列の呪縛カードを1枚選び、そのカードは、次の相手のエンドフェイズ中、解呪されない。1枚選んだら、そのターン中、このユニットのパワー+3000し、そのターンの終了時、このユニットをソウルに置く。

 超極審判で収録されたグレード1のリンクジョーカー

 呪縛カードの維持手段として見た場合、《獄門の星輝兵 パラジウム》と比べて、要件で「星輝兵」のヴァンガードの存在が必須となる上、相手後列呪縛カードにしか対応しないものの、ターンの終了時限誘発付きでパワー10000のブースト役として使える点で優れている。
 相手ターンエンドフェイズまで残ってなくともよい分だけ、相手カード効果等で潰されるリスクが少ないのも利点の1つとなる。

 最終的に1枚分のディスアドバンテージとなるのは同じだが、コストの違いからこちらはカウンターブラストは不要である一方でソウルの枚数が増えないという特徴があるので、他のカードとのコストの調整が変わってくるのでその点には注意しておきたい。

 ターンの終了時限誘発に関しては、《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》《重力井戸のレディバトラー》等のコストにすることで回避できる。
 ただし、《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》とはコスト競合するので一概に相性が良いとは言えない部分もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2470 (2016-08-25)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2485 (2016-08-25)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q2516 (2016-08-25)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/070 C イラスト/TODEE誰が顔を上げていいと言った?