猛攻(もうこう)星輝兵(スターベイダー) ドブニウム/Fierce Attack Star-vader, Dubnium》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1),このユニットを退却させる] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを1枚選び、呪縛する。
【自】【(R)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、あなたの「カオス」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分の手札から1枚選び、(R)に呪縛カードとして置いてよい。置かないなら、あなたは1枚引き、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

 The GALAXY STAR GATEで収録されたグレード2のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、ターンの終了時にソウルブラスト(1)と自身を退却させることで、相手リアガード1枚を呪縛する自動能力

 1枚分のディスアドバンテージを負うので気軽には使えないものの、3~4ターン目の序盤から使える呪縛手段なので先駆能力スペリオルコールされたファーストヴァンガード等の能力の利用の妨害に利用できる。
 呪縛することでフィールドに縛りつけておけば2ターン後に《星輝兵 カオスブレイカー・クライシス》効果呪縛する目標の確保に繋がり、最終的に退却まで狙うことができる。

 2つ目の能力は、アタックした時に「カオス」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)で、相手手札から1枚をリアガードサークル呪縛カードとして置くことができ、置かないなら、1枚ドローし、パワー+10000を得るジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 要件で「カオス」のヴァンガードがいることが要求されるが、相手手札から1枚の呪縛カードとしてリアガードサークルに置くか、こちらに1枚のドローパワー+10000の増加を許すかの二択を強要できる。
 ジェネレーションブレイク(2)の制限があるので序盤の利用はできないものの、《滅星輝兵 カオスユニバース》《滅星輝兵 カオスユニバース・アルサーニ》の存在から有効化自体は狙いやすい。

 相手としてはドローパワー+10000の増加を許すのは避けたいところなので基本的には手札からシールド0~5000のカード呪縛カードを置いてやり過ごしを狙われることになるが、《滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン》《星輝兵 ミューレプトン》のコンボ等で呪縛カードを配置できる相手リアガードサークルをなくしてしまえば相手に選択肢を与えることなく確実にドローパワー+10000の恩恵を享受できるようになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3637 (2018-01-18)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q3638 (2018-01-18)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を行い、次に解呪、デリート解除を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/039 R イラスト/イシバシヨウスケ選択肢をやろう。どちらも身を切る覚悟がいるがな。