覇道竜(はどうりゅう) クラレットソード・ドラゴン/Supremacy Dragon, Claret Sword Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが2枚以上で有効):[あなたのリアガードを2枚選び、退却させる] そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのパワー+2000。

 覇道竜星で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、リアガード2枚の退却パワー+10000/クリティカル+1を得る起動能力

 似たような起動能力を持つ《ファントム・ブラスター・ドラゴン》と比べると使えるタイミングは基本的には10ターン目以降と遅い。
 さらに1ターンに1回までしか使えない等の制約があるが、退却コストの指定なく、退却枚数も2枚で済むようになっているのが利点。

 積極的に利用するのであれば、6〜7ターン目で《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》等の能力を使用してGゾーンの表のカードの枚数を稼ぎ、8〜9ターン目から使えるようにしておきたい。
 とはいえ、《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》自動能力を使用した後であれば、《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》《覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド》でもクリティカル+1を得ることはそう難しくはない。
 Gユニットノーマル超越出来なかったターンの保険程度の考えで良いだろう。

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)で山札からグレード1のカードスペリオルコールし、パワー+2000を与えるというもの。

 単純に1枚分のアドバンテージを稼ぐことができ、《禁書を読み解く者》《黒翼のソードブレイカー》スペリオルコールしてさらなるアドバンテージの獲得を狙える。
 その他にも《暗黒騎士 エヴニシェン》《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》退却コスト要員の調達が手軽に行える。

 「ブラスター」のGユニットと組み合わせる場合なら、《ダークハート・トランペッター》スペリオルコールし、さらにその能力《真黒の賢者 カロン》スペリオルコールすることで、パワー7000のブースト役を2枚揃えつつ、3枚分の退却コストを容易に揃えることができる。

 スペリオルコール対象はグレード1のカードに限らずグレード0のカードにも対応している。
 《禁書を読み解く者》等を経由せずに《鬼眼の魔道士 アルスル》《カースドアイ・レイヴン》等の退却コストを軽減または補充でき、使い回しができるグレード0のカードスペリオルコールしてみるという手もある。

 「クラレットソード・ドラゴン」の専用サポートはどれも優秀なので、そちらを目当てに採用する事も多いだろう。

  • ライド時の台詞は「孤高なる最強の頂に、己が理想を掲げよ! ライド、クラレットソード・ドラゴン!」
  • アタック時の台詞は「煌めく刃を赤く染め、己が力を知らしめよ!紅輝 覇竜刃!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

神聖国家の闇に生きる黒き騎士団“シャドウパラディン”の騎士。
血のように赤く染まったその剣から「クラレットソード」の名で呼ばれる。
「力こそ正義」という信念を持ち、騎士団に属していながら「神聖国家を影から支える」という思想に異を唱える。

“シャドウパラディン”分派を束ねる騎士団長。「超越」の力を己の欲を満たす為に利用し、国家反逆を宣言した稀代の大悪党。以前「ブラスター・ダーク」に敗れた後、表では愚直に功績を上げて発言力を高めつつ、騎士団内部で不平不満を漏らす輩を裏で先導していた。彼が騎士団の大部分を掌握した時期については、いまだ正確には判明していない。捕らえた“ギアクロニクル”の戦士から無理矢理聞きだした情報を、自身の超越の制御のみならず、超越の強化、身体強化などの様々な形で転用。その際、下級の団員を実験体として幾人も使い倒したという、目的の為なら他者の命など容易く踏みにじる残忍性を持つ。

【時を超えた技術と禁呪の融合】
“ギアクロニクル”の技術を詳細に解析する事は不可能である。しかし、「どこを・どうすると・どうなるか」――この3点が大まかに分かっていれば、仕組みが分からずとも運用できる。「クラレットソード・ドラゴン」は、未知の技術に禁呪を融合させ、多くの団員を秘密裏に犠牲にする事で、新たな禁呪を生み出した。便宜上「強化禁呪」と呼ばれているこの呪法は、対象の負の感情に呼応し、別の時空から強大な闇の力を引き出す。しかし、時空間のエネルギーバランスを崩しかねないこの力は、多用すれば時空混線の悪化につながりかねないという。

【《シャドウパラディン》の動向】
現在の“シャドウパラディン”は、大きく二つの派閥に分かれている。本来の団長に連なる者たちと、それを良しとしない「クラレットソード・ドラゴン」率いる者たち――通称「分派」。時を経て強い発言権を持つに至ったクラレットソードは、騎士団の在り方に不平を漏らす者を自分の傘下に引き入れ、次第に自分の権限で忠実に動く部下を集め始めた。そして、戦力が整ったと判断した彼は、ついに“シャドウパラディン”騎士団長を名乗り、堂々と反逆を宣言。国そのものを自身の手中に収めるべく、本格的な反乱を開始する。

FAQ 節を編集

  • Q1312 (2015-05-28)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q1321 (2015-05-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1322 (2015-05-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/004 RRR イラスト/赤紫の刀身。鮮血の歴史がそこにある。
G-BT03/S02 SP イラスト/英雄を讃える者は、英雄の慟哭を知る。