アビスドラゴン/Abyss Dragon 節を編集

 種族の一つ。
 「アビス(Abyss)」は英語で「奈落」「地獄」「深淵」などの意味がある。

 シャドウパラディンおよびその流れを汲むゴールドパラディンの他、ぬばたまむらくもに属するドラゴンがここに分類されている。

 シャドウパラディンに属するアビスドラゴンは主に、聖域コスモドラゴンが悪意や絶望により堕ちた存在である。

 むらくもアビスドラゴンは、《隠密魔竜 マガツストーム》等の設定にある帝国に代々帝国で仕える忍竜一族「(マガツ)」等の存在からそれなりに古くから存在しているようであるが、《忍竜 ボイドゲルガー》の設定によると詳しい時期は不明ながら「むらくものアビスドラゴン達はある日突然現れた」とされており、謎めいた存在であることも伺える。

 リンクジョーカーが作り出したクレイ原生生物クローンの第一成功例である《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》が存在しているが、他のむらくもに属するアビスドラゴンもこれに関係しているのかは不明。

クラン別 節を編集

シャドウパラディン 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

ゴールドパラディン 節を編集

―グレード3

ぬばたま 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

むらくも 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

ペイルムーン 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

-トリガーユニット

関連リンク 節を編集