《ダークプライド・ドラゴン/Darkpride Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのユニットの能力のコストで、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたのカード名に「クラレットソード・ドラゴン」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、あなたの山札から「ダーククォーツ・ドラゴン」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。コールしたら、【カウンターチャージ】(1)。

 討神魂撃で収録されたグレード2のシャドウパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、ユニット能力コスト退却した時に「クラレットソード・ドラゴン」のグレード3以上のヴァンガードがいるなら、山札から《ダーククォーツ・ドラゴン》を1枚までスペリオルコールし、スペリオルコールしたらカウンターチャージ(1)する自動能力

 要件で「クラレットソード・ドラゴン」のグレード3以上のヴァンガードがいることが要求されることになる。
 汎用性の高い《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》であれば無理なくデッキに入れることができる。
 加えて、《哀慕の騎士 ブランウェン》を合わせて利用することで「クラレットソード・ドラゴン」をライドしておく確率を高めておくのはそう難しくはない。

 そうして要件を満たした状態でこのカード退却コストにすることで、1:1交換のスペリオルコールカウンターチャージ(1)を行うことができる。
 ディスアドバンテージを減らすと共にカウンターブラストを行える量を増やせるのは【シャドウパラディン】としては有難い。
 スペリオルコール対象の《ダーククォーツ・ドラゴン》能力誘発に繋がるのでさらなるパワーの増加の起点にもなる。

 《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》コストにすれば、《ダーククォーツ・ドラゴン》を疑似スタンドできる。
 更に《カースドアイ・レイヴン》《鬼眼の魔道士 アルスル》等と併用する事で、《覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》の様に3枚分の退却コストが必要なカードでもリアガードの消費を実質1枚分にまで軽減できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖域を中心に凶行を繰り返す「クラレットソード・ドラゴン」に付き従う黒竜の騎士。
影の騎士団“シャドウパラディン”には、過去の素性が明らかでないものが多いが、この「ダークプライド」とその従竜「ダーククォーツ」も、その過去は知られていない。

彼らの正体は「クラレットソード」が繰り返しているイレギュラーな「超越」現象の副産物とも言える存在。
魔力やイメージ、邪念といったものが集まり、ドラゴンをかたどった実体と意思を持ったものである。
戦場で倒れた彼らはその肉体を失うが……不死の存在であるかのごとく、再び実体化する。

彼らは「クラレットソード」に忠実に従い、戦い続け、その命を躊躇なく捧げる。
邪悪な目的が達成されるその時まで、何度でも。何度でも。何度でも。

FAQ 節を編集

  • Q1494 (2015-08-27)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/030 R イラスト/イトウヨウイチドラゴンには、ドラゴンの誇りがある。