暗黒竜(あんこくりゅう) ファントム・ブラスター “Diablo(ディアブロ)”/Dark Dragon, Phantom Blaster "Diablo"》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の「暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”」を1枚選び、表にする] あなたのGゾーンの表のカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1し、【自】(V)】:[あなたのリアガードを3枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のリアガードを2枚選び、退却させてよい。2枚退却させないなら、そのバトル中、相手はカードを手札から(G)にコールできない。』を得る。

 The Dark “Ren Suzugamori”で収録されたシャドウパラディンGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、Gゾーンの表のカードが2枚以上なら、パワー+10000/クリティカル+1と『ヴァンガードアタックした時にリアガード3枚の退却で、相手は自身のリアガード2枚を退却させることができ、退却させないなら、相手カード手札からコールできなくなる自動能力』を得る。

 要件の都合から使えるのは最速でも8ターン目となるが、低コストパワークリティカルを得る共に能力を得られる。
 得た能力退却コストを払うことで相手リアガード2枚の退却手札からのガーディアンサークルへのコールの放棄を要求することができる。

 退却を選ばれなかった場合でもインターセプト等によるリアガードサークルからの移動の他、Gガーディアン等の手札以外の領域からのスペリオルコールまでは封殺できない。
 とはいえ、それらの手段だけで必要なシールドを確保するのは極めて難しく、ほぼ確実に相手ヴァンガードヒットさせることができるので、フィニッシャーとして申し分のない性能を持つ。

 基本的に相手リアガード2枚を退却させることを選ぶことになる。
 事前にバトル能力によってリアガードを減らすことで強制的に退却を選べない状況に追い込むこともできるので、積極的に狙って行きたい。
 また、1枚目のこのカードカードを消費させること自体が、2枚目のこのカード超越する際への布石となる。

 退却手段に関しては《デススプレイ・ドラゴン》の他、「ブラスター」軸であればサポートカードである《ブラスター・ダーク “Diablo”》【儀式】なら《連刃の騎士 ディルムド》【撃退者】なら後列に対応しやすい《ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”》が主な選択肢となるだろう。

 退却コストは重く、相手リアガード2枚を退却させることを選んだ場合には3:2交換となり1枚分のディスアドバンテージが発生することになる。
 《真黒の賢者 カロン》《新鋭の騎士 ダヴィド》《鬼眼の魔道士 アルスル》等を退却コストに含むことで2:2交換に持ち込むことができ、そうでなくとも《ダークハート・トランペッター》等を利用していけば実質的な消耗は抑えられる。

 起動能力をただ使用するだけでも《時空竜 ラグナクロック・ドラゴン》と大差ない程度の働きはできるので、総合的に見合わないような状況であれば自動能力を使わないことも考慮すべきだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越」により、時空を超えて現代に呼びだされた「ファントム・ブラスター・ドラゴン」の未来におけるひとつの可能性、過去に「ブラスター・ダーク」が自分専用に調整したとされる脅威の兵装、「Diablo」と同等の力を宿す鎧を身にまとう。過去・未来・別次元、様々な時空から呼び出される英雄たちの中でも一際強力な力を持ち、暴走状態で“オラクルシンクタンク”に現れた「九頭竜王」をいとも容易く戦闘不能にまで追い込んだ。彼が一連の事件の犯人「黒竜」なのか。呼びだしたのは何者なのか。今はまだ分からない。もうひとりの「黒竜」がその存在を顕わにした時こそ、“シャドウパラディン”の真実が紐解かれるだろう。

FAQ 節を編集

  • Q1245 (2015-04-23)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1246 (2015-04-23)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1247 (2015-04-23)
    Q. 相手のリアガードが1体だけの時に、このユニットの能力を使いました。相手は手札からガーディアンをコールできますか?
    A. いいえ、できません。「2枚退却させないなら」というテキストは、実際に2枚が退却したかどうかを確認します。
  • Q1248 (2015-04-23)
    Q. 相手のリアガードが2体だけで、そのうち1体が「抵抗」を持っています。このユニットの能力を使いました。相手は手札からガーディアンをコールできますか?
    A. いいえ、できません。相手は「抵抗」を持つリアガードを選ぶことができないので、2枚退却することができません。
  • Q1249 (2015-04-23)
    Q. このユニットの能力で相手は自分の「スタンプ・ラッコ」を2体選びましたが、能力によって退却しませんでした。相手は手札からガーディアンをコールできますか?
  • A. いいえ、できません。「2枚退却させないなら」というテキストは、実際に2枚が退却したかどうかを確認します。
  • Q1250 (2015-04-23)
    Q. このユニットの能力で【ブースト】しているユニットをドロップゾーンに置きました。【ブースト】のパワーは増加どうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q1251 (2015-04-23)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1252 (2015-04-23)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。

収録情報 節を編集

レジェンドデッキThe Dark “Ren Suzugamori”G-LD01/001 イラスト/NINNIN貴様はまだ、本当の絶望を知らない。