(トゥルー)撃退者(リベンジャー) ドラグルーラー・レブナント/True Revenger, Dragruler Revenant》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのカード名に「撃退者」を含むリアガードを1枚選び、退却させる] あなたのカード名に「撃退者」を含むハーツカードがあるなら、あなたの山札からカード名に「撃退者」を含むグレード1以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+3000。

 ファイターズコレクション2015で収録されたシャドウパラディンGユニット

 1ターンに1回、「撃退者」のリアガード1枚の退却で、「撃退者」のハーツカードがあるなら、山札からグレード1以下の「撃退者」を1枚までスペリオルコールし、そのユニットと自身にパワー+3000を与える起動能力を持つ。

 コスト要件効果等の都合上、ほぼ【撃退者】専用に近いGユニットだが、1:1交換でグレード1以下の「撃退者」を確保しつつ、パワーラインの増強を行える。

 単純にトリガーユニットグレード1に変換するだけでも十分だが、《詭計の撃退者 マナ》ターンの終了時デッキボトム送りにする時限誘発つきでスペリオルコールした「撃退者」のリアガードや、《撃退者 ダークボンド・トランペッター》スペリオルコールしたレスト状態の「撃退者」のリアガードコストにすると効率が良い。

 主なスペリオルコール対象としては、ヴァンガードリミットブレイクの早期有効化が行える《誘いの撃退者 フィネガス》を始め、《ブラスター・ダーク・撃退者》との併用でダメージゾーンカードを表にできる《督戦の撃退者 ドリン》、その後の退却コストで減るリアガードの補充ができる《ジャッジバウ・撃退者》等が有望。
 ただグレード1以下の「撃退者」をスペリオルコールするだけでも《超克の撃退者 ルケア》能力誘発に繋げられる。

 変わった使い方として、「撃退者」以外のカードを主軸とする【シャドウパラディン】で「撃退者」のヴァンガード要件とする能力を利用する目的での運用も考えられる。
 【撃退者】以外でも《ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”》等の優秀なカードが運用可能になるが、安定性の面では【撃退者】に大きく劣ってしまい、このカード自身も能力を持たないGユニットと化してしまう。
 欠点が目立つが、構築や運用方法の一つとして頭の片隅に置いていても良いだろう。

 また、上述の使い方は《ガスト・ブラスター・ドラゴン》を主軸にした【ファントム・ブラスター】ならば、《ブラスター・ダーク・撃退者 “Abyss”》等の投入を検討することができるので比較的実用性があると考えられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越」により、時空を超えて現代に呼びだされた「ドラグルーラー・ファントム」の未来における一つの可能性。
「クラレットソード・ドラゴン」が先導する分派の悪事、超越の暴走を度々止めているが、
国からの救援が到着する頃には行方を眩ませている為、その姿を詳細に確認できたものはいない。

「暗黒竜 ファントム・ブラスター“Diablo”」が本格的にクラレットソードの妨害を始めた頃から、
傍らに必ずその姿が目撃されており、この2体の召喚者には何らかの関わりがあると推測されている。

また、「レブナント」とは、「戻りし者、蘇りし者」を意味する言葉であり、かつて“シャドウパラディン”を束ねた
団長を思わせる姿をしている事から、“オラクルシンクタンク”および“ジェネシス”の調査隊が
便宜上つけたコードネームである。

神聖国家に宣戦布告し、守るべき国に牙を剥いた、赤き剣の黒竜クラレットソード・ドラゴン。
この宣戦布告の直後、青き剣の黒竜「ファントム・ブラスター」と、白き剣の黒竜「ドラグルーラー」は、
同時に姿を消した。 その後、本格的な内紛が起こってからも、以前のように頻繁に現れる事は無くなったという。

それは、次代を担う者達に未来を託すという、想いの表れなのか。
影の如く消えてしまった彼らに真意を問う術は、無い。

  • 「レブナント(Revenant)」とは、設定にもある通り、フランス語で「戻ること」を意味する言葉。「Revenir(ルヴニール:戻る)」の名詞形。帰参者。死んでからあまり間のない死体が、復讐目的や、あるいは魔法によって一時的に蘇った存在の事である。

FAQ 節を編集

  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1265 (2015-04-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1266 (2015-04-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1267 (2015-04-28)
    Q. 効果でコールしなかった場合でもこのユニットのパワーは増加しますか?
    A. はい、増加します。
  • Q1281 (2015-04-28)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/010 RRR イラスト/NINNIN闇の中でしか生きられぬ者がいる。竜にも、騎士にも。