《ジャッジバウ・撃退者(リベンジャー)/Judgebau Revenger》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
シャドウパラディン - ハイビースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] このユニットがあなたのカード名に「ファントム」を含むユニットを【ブースト】したバトル中、アタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1以下の《シャドウパラディン》を2枚まで探し、別々の(R)に【レスト】でコールし、その山札をシャッフルする。

 無限転生で収録されたグレード0のシャドウパラディン

 「ファントム」との併用が必須となりレスト状態という制約があるものの、グレード1以下のシャドウパラディン全般を1:2交換で山札から自由に選んでスペリオルコールできる。

 必要なリアガード要員を揃えるだけでも十分に有用だが、《黒翼のソードブレイカー》《禁書を読み解く者》等に繋げることで非常に大きなアドバンテージを稼ぐことができる。

 リアガードを消費する場合、《撃退者 ダークボンド・トランペッター》《禁書を読み解く者》等を経由して、あるいは直接2枚目以降のこのカードスペリオルコールして継続的にガード強要を行う、といった芸当も可能である。

 《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》超越すれば、メインデッキに「ファントム」のカードを採用していなくても能力誘発を狙えるが、クリティカルを上昇させるあちらの能力を考えるとそうそうヒットは狙えないだろう。
 一応、敢えて起動能力を使わないという手もあり、《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》《ブラスター・ダーク “Diablo”》等の《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》超越した時にアドバンテージを得られるカードジェネレーションブレイクを持つカードを併用すれば、無駄を少なくできる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q756 (2014-02-27)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q792 (2014-02-27)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

ブースターパック無限転生BT15/024 R イラスト/かわすみ二兎を追う者だけに、二兎を得る資格がある。