【撃退者】

提供:カードファイト!! ヴァンガード Wiki
移動: ご案内, 検索

目次

[編集] 概要

撃退者リベンジャー」に属するシャドウパラディンを中核に据えたデッキ。
無理なくデッキ内全てを「撃退者」で統一でき、そうすることでスペリオルコール対象と退却コスト要員を確保しやすくなる。
現時点では、エスペシャルカウンターブラストは《撃退者 デスパレート・ドラゴン》しか存在していないので、主軸によって退却コストにできず邪魔になる場合が出てくるもののある程度なら「撃退者」以外との混合構築をしても問題は出にくい。
基本的には従来の【シャドウパラディン】同様、リアガード退却によるヴァンガードの大幅強化によるゲームエンドを狙う。
ただし、そちらと異なる特徴として、フィニッシャーとなりうるグレード3がカウンターブラストをほとんど必要としない点が挙げられる。
よって、カウンターブラストを存分にリアガードで消費できる為、いかにリアガード能力を活用してアドバンテージを取り、主導権を握れるかが勝負の鍵となる。

[編集] 構築について

[編集] グレード3

パワー11000の盟主
カウンターブラスト(1)でヴァンガード1枚にパワー+10000を与え、山札からグレード2以下を1枚までスペリオルコールパワー+5000を与えるブレイクライドを持つ。
ヴァンガードへのアタック時にパワー13000になる。
ブレイクライドにより、《ブランバウ・撃退者》や《撃退者の城塞 ファタリテート》のような有用性はあるが枚数を抑えたいユニットを活用しやすくなっている。
カウンターブラストに余裕があり、アドバンテージを稼ぎたい場合は《黒衣の撃退者 タルトゥ》や《ブラスター・ダーク・撃退者》等のアドバンテージを稼げるユニットスペリオルコールすると良いだろう。
パワー11000の盟主
リミットブレイクにより、エスペシャルカウンターブラスト(1)でパワー+5000/クリティカル+1を得る。
自己強化に退却コストが不要で要件も、メインフェイズ開始時の自動能力で1:1交換で相手リアガード退却させて減らせるので満たしやすい。
パワー11000の盟主
ヴァンガードへのアタック時にリアガード1枚の退却パワー+10000を得るリミットブレイクを持つ。
単体パワー21000となるので最悪ブーストなしでもヴァンガードへのヒットを狙うことができるが、ただパワーが上がるだけなのでガード強要になりにくいのが難点。
パワー11000の盟主
リミットブレイクにより、相手ヴァンガード1枚に1ダメージを与える。
要件の都合で6枚目のダメージを与えてそのまま勝利といったことは不可能だが、5ダメージまでは問答無用で追い込める。
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》からのクロスブレイクライドにも対応し、「ファントム」のサポートも共有できるのでそちらも合わせて狙うと良い。
パワー11000の盟主
アタックしたバトルの終了時に「撃退者」のリアガード3枚の退却で、手札から同名カードを1枚までスペリオルライドヴァンガードパワー+10000を与えるリミットブレイクを持つ。
アタック時にカウンターブラスト(1)でパワー14000になる。
安定性は今一つだが、成功すればこのデッキがあまり得意としない終盤の詰めを決定的にすることができる。
リミットブレイクを使った場合、アドバンテージ上ではスペリオルライド後のツインドライブ!!を加味しても2:4交換、2枚分のディスアドバンテージとなるので《黒衣の撃退者 タルトゥ》や《撃退者 ダークボンド・トランペッター》等を連携利用し、リアガードを1度に複数補充する手段を用意しておきたい。
さらに実質ペルソナブラストな性質上4枚積みが必須なので、構築の選択肢が狭まるのが難点。
ヴァンガードへのアタック時に「撃退者」のリアガード1枚の退却で、パワー18000/クリティカル2になるリミットブレイクを持つ。
リミットブレイクを使わない場合はパワー13000になる。
カウンターブラストを使わず、かつさほど重くないコストパワークリティカルを増加できるが、コストにできるリアガードは「撃退者」のみである。
コストはどうしても1枚のディスアドバンテージになるので、《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》を始めとして《黒衣の撃退者 タルトゥ》や《撃退者 ダークボンド・トランペッター》等スペリオルコール手段を併用したい。
アタック時にカウンターブラスト(1)でパワー13000になれる。
他のカードにカウンターブラストを使いたいことが多く、パワー21000ラインも作りにくいため、基本的に優先順位は低い。

[編集] グレード2

パワー10000のバニラ
安定性の高い前列要員だが優秀なグレード2は数多いので押され気味。
パワー6000のグレード1を多めに採用するなら優先順位は高くなる。
登場時にカウンターブラスト(2)で山札からグレード1以下の「撃退者」を1枚まで同じ縦列にスペリオルコールできる。
少々コストは重いものの、確実なスペリオルコール能力はやはり侮れない。
のちの表のダメージ補填を見込んで《督戦の撃退者 ドリン》、インターセプト後のことを考えて《無常の撃退者 マスカレード》、ブレイクライド]を狙うべく《鋭鋒の撃退者 シャドウランサー》が主なスペリオルコール先になる。
アタック時に「撃退者」のヴァンガードがいるならパワー12000になる。
グレード1以下のコール時にパワー+3000を得る。
登場時にカウンターブラスト(2)で相手前列リアガード1枚を退却させることができる。
単体でも十分有用だが、専用のサポートカードが存在するため、それらとの連携で真価を発揮する。
黒衣の撃退者 タルトゥ》と競合するが、《督戦の撃退者 ドリン》の能力である程度補充できるので両方を同時に採用しても問題はない。
同じ縦列にグレード1以下の「撃退者」をスペリオルコールし、ターンの終了時に山札に戻す。
ターン限定だが、《撃退者 ダークボンド・トランペッター》や《魁の撃退者 クローダス》等でさらなるスペリオルコールに繋げたり、リミットブレイク退却コストを確保すれば問題はない。
またグレード2の時点で《鋭鋒の撃退者 シャドウランサー》をスペリオルコールできるメリットは小さくない。確実なブレイクライドが狙える。
と言っても《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》軸の場合、このカードを捨ててまで《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》を優先するかと言われれば首を傾げざるを得ない。
その他の軸でならば問題無いので採用したいところ。
アタック時に要件を満たしているならパワー11000になる。
虚空の撃退者 マスカレード》の存在や要件の関係上、立場としてはその5枚目以降の扱いとなる。
シャドウパラディンエスペシャルインターセプト
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》のブレイクライドのために前準備としてサークルを開けることができ、またスペリオルコール先としても優秀。
黒の賢者 カロン》や《冒涜の撃退者 ベリト》を採用していない場合、パワー15000ラインで止まってしまうので、それらと併せて採用したい。
裏のダメージを1枚増やし、2ドローできる。
コストカウンターブラスト(1)だが、爆発科学者 ぶんた互換と異なりターンの終了時に山札に戻せない裏のダメージを増やしてしまうのでリスクは相応。

[編集] グレード1

手札グレード3を《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》に変換できる。
デッキ圧縮ブレイクライド補助と何かと有益。
撃退者 ドラグルーラー・ファントム》軸ならクロスブレイクライドが狙えるので特に有益、
グレード0以下のコール時にパワー+3000を得る。
同じ縦列への《ブラスター・ダーク・撃退者》の登場時に「撃退者」のヴァンガードがいるならダメージを1枚表にする。
ブラスター・ダーク・撃退者》の前列退却能力を実質カウンターブラスト(1)で使用できるようになり、間接的にこのデッキアドバンテージ源となる。
状況によっては、コストを払える状態でも能力を使わず、カウンターブラストだけ補充させる選択肢もある。
カウンターブラスト(1)でパワー+1000を得る。
カウンターブラスト要員としての優先順位は低いが、リアガードパワーラインを引き上げたい場合に有用となるだろう。
アタック時に「撃退者」のヴァンガードがいるならパワー10000になる。
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》のブレイクライド、《魁の撃退者 クローダス》の起動能力で割と前列は揃いやすいため、必須というほどでもない。
ただ速攻要員、《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》のリミットブレイク使用後のリカバリーとしてならそこそこ優秀。
撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》の専用ブースト
ブースト時にソウルブラスト(1)で合計パワー11000ブーストになる。
しかし、《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》はその性質上リアガードサークルコールすることが少なく、ヴァンガードブーストに用いるにしても、カウンターブラスト(1)を払えるなら他のパワー7000のユニットブーストすれば同等のパワーラインにを形成できる。
しかし、【撃退者】では《督戦の撃退者 ドリン》と《ブラスター・ダーク・撃退者》のコンボでくらか融通しやすいとはいえ、《黒衣の撃退者 タルトゥ》や《ブラスター・ダーク・撃退者》といったカード・アドバンテージに直結する優秀なユニットが揃っており、そちらにもにカウンターブラストを回しやすくなるメリットは小さくない。
カウンターブラストを併用すれば、クロスライドにも有効なパワーラインも作れる。
シャドウパラディン守護者
シャドウパラディンヴァンガード専用ブースト
ブースト時にリアガード相手より少ないなら合計パワー+10000ブーストになる。
呪槍の撃退者 ダーマッド》のリミットブレイクから要件を満たせれば、パワー28000ラインを形成できる。
退却のタイミングと数から《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》、 要件から《撃退者 デスパレート・ドラゴン》とは相性が悪い。
登場時にカウンターブラスト(1)で山札からグレード0以下の「撃退者」1枚までレストスペリオルコールできる。
魁の撃退者 クローダス》なら合計カウンターブラスト(2)の消費になるが、レストを無視して《ブラスター・ダーク・撃退者》に入れ替えられるため、そちらを併せて採用したい。
ファントム」の専用ブースト
ジャッジバウ・撃退者》でスペリオルコールすれば以降のターンから安定してパワー+10000ブーストが可能となる。

[編集] グレード0

ファーストヴァンガード候補。
カウンターブラスト(1)と自身のソウルインで、グレード3以上のヴァンガードがいるなら山札から《ブラスター・ダーク・撃退者》を1枚までスペリオルコールできる。
手軽に戦力を整えることができ、《督戦の撃退者 ドリン》とのコンボでカウンターブラストの消費を相殺できる。
ファーストヴァンガード候補。
グレード1以下を2枚までスペリオルコールできる。
1:2交換でリアガードを増やせるが、「ファントム」をブーストしなければ誘発できないので、《鋭鋒の撃退者 シャドウランサー》等、「ファントム」の確保手段と併用すると良い。
ファーストヴァンガード候補。
ブーストしたリミットブレイクを持つユニットヴァンガードへのヒット時にソウルインし、1枚ドローできる。
呪槍の撃退者 ダーマッド》と《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》の組み合わせならパワーラインが安定するので、悪い選択肢ではない。
パワー6000のグレード0。
撃退者 ダークボンド・トランペッター》を採用するなら、スペリオルコール先として採用を検討できる。

[編集] トリガー

順に、クリティカルトリガー種、ドロートリガースタンドトリガーヒールトリガー
エスペシャルカウンターブラストや各種退却コストスペリオルコール対象にとなるためこれらが優先される。

[編集] 「撃退者」以外のカード

山札からのスペリオルコール時にカウンターブラスト(1)でグレード2以下の前列リアガード1枚を退却できるグレード2。
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》によるスペリオルコール先として有用だが、《督戦の撃退者 ドリン》がいれば《ブラスター・ダーク・撃退者》も実質同コストになることは留意しておきたい。
コール時に1ドロップドロー手札交換ができる。
撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》を手札に加えるため、《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》にライドしやすくするため便利なユニット
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》のブレイクライドスペリオルコールしても良い。低いパワーを応急的に補うことができる。
ただ退却コスト要員としては、《撃退者 デスパレート・ドラゴン》と《撃退者 デスマスター・ドラゴン》にしか対応していないことが難点。
パワー8000のグレード1。
能力は持たないが、クセもなく扱いやすいブースト要員。
幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》や《呪槍の撃退者 ダーマッド》をブーストすることでパワー21000ラインを形成できる。
レストし、1枚の手札交換できるグレード1。
撃退者」ではないのでコストレストした後で退却コストにするというようなことはほぼできないが、他に手札交換の手段がないので採用候補にはなる。
グレード1。
山札からスペリオルコールされた時にソウルブラスト(1)し、1枚ドローする。
主に《ジャッジバウ・撃退者》、もしくは《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》の能力誘発を狙う。
特に《ジャッジバウ・撃退者》なら2枚スペリオルコールして2ドローを狙えることもあり、アドバンテージが取りやすい。
退却コストにできない場合が多いので後々残っては低パワーを晒しやすいのが難点だが、頼りになる能力ではある。最低2枚程度で構わないので採用する価値はある。
ファーストヴァンガード候補。
カウンターブラスト(1)と自身のソウルインデッキトップ5枚内からグレード3を1枚までサーチできる。
ライド事故回避、また《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》軸であればリミットブレイクの補助にもなる

[編集] 大まかなタイプ別構築について

リミットブレイクによりパワークリティカルを増強する《撃退者 デスパレート・ドラゴン》を軸とするタイプ。
メインフェイズ開始時の自動能力要件は簡単にクリアでき、消費も少ないので安定性がある。
リミットブレイクにより相手ダメージチェックを行わせる《撃退者 ドラグルーラー・ファントム》を軸とするタイプ。
バトルを介さずにダメージを与えることができため、相手ダメージ枚数を自在にコントロールでき、5ダメージに追い込むことも容易い。
相手ダメージを3枚に調整してリミットブレイク封じを行い、ファイナルターンにリミットブレイク起動して5ダメージに追い込みフィニッシュを狙っていく。
容易に5ダメージに追い込めるためスタンドトリガーが活きやすく、自動能力を多重誘発させ高パワーとなった《超克の撃退者 ルケア》はスタンド対象としては理想的。
鋭鋒の撃退者 シャドウランサー》にサーチに対応している《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》からのクロスブレイクライドに対応しており、「ファントム」のサポートも共用できるためそちらも合わせて併用すると良い。
リミットブレイクによりヴァンガードの擬似スタンドを行う《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》を軸とするタイプ。
いかに強力でカウンターブラストが不要とはいえ、リアガード3枚と手札の《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》1枚の計2:4交換の消費は量と質のどちらの意味で重い。
撃退者 ブラッドマスター》や《スピンバウ・撃退者》等のドロー、《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》や《詭計の撃退者 マナ》等によるスペリオルコールでそれをサポートするようにすると良い。

[編集] このデッキの弱点

グレード2で稼いだアドバンテージグレード3のリミットブレイクコストにし戦うのがこのデッキの特徴である。
グレード3のリミットブレイクは継続して使い続けることが難しく、コスト管理をしっかり行わなければならない。
展開力は【ロイヤルパラディン】に匹敵するほどの高さだが、ヒット能力がないなどガード強要性はさほどない。
幸いなのはグレード3にカウンターブラストを要求する能力が少なく、グレード2以下に全てのカウンターブラストを回す余裕がある上にそれを補充する手段もある。
ただ確定でできる能力ではないので、過信は禁物。

[編集] このデッキの対策

このデッキは爆発力こそないものの、展開・退却・サーチなどの基本的なところからコスト回復やスキルダメージと言った特殊なところまで多くの戦術を持つ。大体のゲームテンポに対応できる上、デッキ構築における自由度も非常に高いため、致命的な欠点が存在しない。
共通して言えるのは余程の事故が起こらない限り、休まず確実に攻め倒してくるという点であり、いかに自分のデッキに合ったペースを守り、純粋な強みを活かした戦い方ができるかがポイント。
後列に干渉する手段があるなら《督戦の撃退者 ドリン》をなんとか処理したい。放っておけば確実に《ブラスター・ダーク・撃退者》が起点となって多くの戦術を生むためだ。
それ以外のデッキでは、前列用のリアガード要員が多く採用しているものなら戦線を維持できる為、比較的戦いやすい。が、それでも物量差がついてる事は変わらない為、それぞれのデッキの持ち味を生かして挽回したい。
しかし持ち味を活かそうにもヴァンガードリミットブレイクの決定力が高く、防ぎきれても相当量の手札を消費させられてしまう。リアガードパワーが低いかわりに小技が多いので物量差をつけやすく、バランスが取れた戦術によって確実にアドバンテージをとっていくのが得意である。先述の通り展開力は全クラン通しても屈指の高さを誇るため、退却による妨害は即座にリカバリが可能であるため有効とは言いがたい。
欠点と呼べるのはアドバンテージを消費して攻めて来る事。【たちかぜ】と違ってアドバンテージを補填できないため、攻めの持続力はそこまで高くない。要所要所をしっかり押さえれば息切れを起こすので、堅実なプレイングをしさえすれば必ずチャンスは回ってくる。
その時その時を着実に裁き、攻め時を間違えないように戦っていく事がこのデッキの対策となるだろう。

[編集] 関連項目




個人用ツール
名前空間
変種
操作
ご案内
トライアルデッキ
はじめようセット
スターターセット
ブースターパック
エクストラブースター
その他
プロモーションカード
カードデータ
クラン
デッキ集