鉄塊(てっかい)騎士(きし) クラフティネ/Knight of Ironcluster, Craiftine》 節を編集

トリガーユニット 【醒】(スタンドトリガー) 〈0〉 (ブースト)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1) 儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):このユニットが手札から(R)に登場した時、そのターン中、このユニットは【自】:あなたのカードの、効果かコストで、このユニットが(R)から退却した時、山札の上から2枚見て、1枚探し、手札に加え、残りのカードをドロップゾーンに置く。』を得る。

 天舞竜神で収録されたシャドウパラディンスタンドトリガー

 ジェネレーションブレイク(1)は、手札からリアガードサークル登場した時に『カード効果コストで、リアガードサークルから退却した時にデッキトップ2枚から1枚を手札に加え、残りのカードドロップゾーンに置く自動能力』を得る儀式3の自動能力

 ジェネレーションブレイク(1)や儀式3の制限の他、誘発条件手札からリアガードサークル登場した時に限定されているが、効果コスト退却した時にその消費を補う能力を得られる。

 《カースドアイ・レイヴン》《鬼眼の魔道士 アルスル》同様、コスト効果によるリアガード退却によるディスアドバンテージの発生を抑えることができ、それぞれ消費するリソースの確保と軽減の用途に優れていたそれらに対し、このカードは消費後の補填性能に優れる。

 また、カード効果コスト退却した時に手札を1枚補充できるトリガーユニットとしては他にも《ベリアルオウル》も存在している。

 主な特徴としては、リソースの回収先が手札であること、自身や選択されなかったカードデッキではなくドロップゾーンに置かれる事、事前準備として手札からリアガードサークル登場させて能力を得ておく必要がある点が挙げられる。

 リソースの回収先が手札である点について、このゲームにおける手札の量や質というのは単純な攻撃性だけでなく防御力にも直結しており、フィールドアドバンテージに比べ重要度が大きく、更にデッキトップ2枚から選択が可能というだけで優秀と言える。
 《カースドアイ・レイヴン》では難しいバトル要員の補充や、《秘薬の魔女 アリアンロッド》《凛然の騎士 ネーサ》起動能力等のコスト等でレストを要する能力の使用も阻害しない為、選択できる戦術に幅が持たせやすいという利点も大きく、使用後もカードのコンボが続きやすいため、《蒼棘の重断 ヴァルデマル》起動能力等を同一ターン中に複数回利用したい場合にも適している。
 その他にも《鬼眼の魔道士 アルスル》能力が活きにくい《竜刻魔道士 ニーズ》《竜刻守護者 エスラス》等の1枚単位での退却を行いたい場合の利用にも適している。

 尤も、あくまでカードアドバンテージ上においてはカード消費の内の1枚分を補填しているだけなので、このカード単独ではディスアドバンテージの発生を抑える以上のことは行えないため、過信は禁物であり、手札の補充や1枚単位での退却への対応力といった点をどこまで評価するかでその価値が大きく変わる。

 自身や選択されなかったカード山札ではなくドロップゾーンに置かれる点については、一長一短があり、《暗黒竜 アニムスパイル・ドラゴン》《竜刻守護者 エスラス》等の儀式能力の補助やシークメイト等のコストを稼ぎに利用できるというリターンがある一方で、山札の消費を加速させてデッキアウトを早めるリスクもにもなる。

 能力を得る都合からまずこのカード手札に加えておく必要があるのは大きな欠点であり、《禁書を読み解く者》等の山札からのスペリオルコール手段を利用することで少数枚からでも使い回しながらの活躍が期待でき、手札シールドの消費も抑えられる《カースドアイ・レイヴン》《鬼眼の魔道士 アルスル》と比較して取り回しが悪さは否めない。
 《髑髏の魔女 ネヴァン》《選別の騎士 ファーガス》といった、ドロー等で手札の回転率を高めるカードが多く入れたデッキ等で使用するのが良いだろう。

 総じて、採用するデッキや各ファイターの趣向によって価値が大きく変わるカードと言える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2832 (2016-11-10)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q2833 (2016-11-10)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/064 C イラスト/タダ朝を告げる星(モーニングスター)のお出ましだぜ! さぁ、起きた起きた!