《ベリアルオウル》 節を編集

トリガーユニット 【☆】(クリティカルトリガー) 〈0〉 (ブースト)
シャドウパラディン - ハイビースト パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【ドロップゾーン】【Gブレイク】(1) 儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):あなたのターンの終了時、あなたの「ルアード」を含むヴァンガードがいるなら、このカードを山札の下に置いてよい。
【自】:あなたのカードの、効果かコストで、このユニットが(R)から退却した時、あなたの「ルアード」を含むヴァンガードがいるなら、1枚引く。

 剣牙激闘で収録されたシャドウパラディンクリティカルトリガー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ターンの終了時に「ルアード」のヴァンガードがいるなら、自身をデッキボトムに置く儀式3の自動能力

 こちらの能力誘発タイミングの関係から、要件に対応するのは《覚醒を待つ竜 ルアード》のみとなる。

 ジェネレーションブレイク(1)と儀式3の制限付きとなるが、ドロップゾーンからトリガーユニットデッキボトムに送りにでき、その後に何らかの手段で山札をシャッフルすることで、山札の質を高められる。
 このカードノーマルユニットでもなければグレード1のカードでもないので、ドロップゾーンを離れても《覚醒を待つ竜 ルアード》等の儀式能力関連のギミックにはほとんど影響しないため、躊躇うことなく利用できる。

 2つ目の能力は、カード効果コストで、リアガードサークルから退却した時にルアードヴァンガードがいるなら1枚ドローする自動能力

 こちらの能力要件で「ルアード」のヴァンガードを要求されるが、《鉄塊の騎士 クラフティネ》と同様に効果コスト退却した場合に手札の補充が行える。

 《鉄塊の騎士 クラフティネ》と比べると汎用性や単純な効果の面ではそちらに譲るが、手札以外からのコールでも利用できるだけでなく、キーワード能力による制限がないため要件さえ満たしていれば5ターン目から利用できる点で優れている。
 《覚醒を待つ竜 ルアード》《禁書を読み解く者》等の能力で、山札から確実にスペリオルコールできるので、1つ目の能力とも組み合わせれば容易く使い回せるだろう。
 ただし、5ターン目の時点で使える誘発させる手段の中で特に制限なく使えるのは《トリプル・ダーク・アーマー》自動能力程度に限られるので、本格的な運用は《鉄塊の騎士 クラフティネ》同様に6ターン目以降になる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3074 (2017-02-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3104 (2017-02-02)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q3105 (2017-02-02)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/011 RR イラスト/近藤途轍死を告げる鳥は、夜が訪れる度に翼を翻す。