竜刻魔道士(ドラグウィザード) ニーズ/Dragwizard, Knies》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
シャドウパラディン - エルフ パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】儀式3(あなたのドロップゾーンにグレード1が3枚以上で有効):このユニットが山札から(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):[【カウンターブラスト】(1),このユニットと同じ縦列にいる他のあなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがブーストしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 竜魔道の儀式で収録されたグレード1のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、山札からリアガードサークル登場した時にパワー+2000を得る儀式3の自動能力

 儀式3が有効な状態で山札からスペリオルコールすることで単独パワー9000となることがきる。
 2つ目の能力コストを起点に《赤閃の騎士 フェルディア》等の能力を利用した場合に要求シールド値を落としたくない場合等の役に立つ。

 ジェネレーションブレイク(1)は、ブーストしたバトルの終了時に カウンターブラスト(1)と同じ縦列にいる他のリアガード1枚の退却て、1枚ドローする自動能力

 使えるタイミングは遅い1:1交換のドロー手段となるが、コストグレード1のカードドロップゾーンに送りにすることで儀式能力を有効にする補助が行える。
 儀式3が有効になった後なら、手札からコールした《鉄塊の騎士 クラフティネ》ブーストしてパワー11000ラインバトルの終了時に1:2交換のアドバンテージを稼ぐコンボが狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“シャドウパラディン”で調査されている秘術「竜刻変化(ドラグシフト)」の研究者、「竜刻魔道士(ドラグウィザード)」の1人。2年ほど前に騎士団入りを果たした、まだ見た目通り若いエルフの少年。もともとは山間の小さな里に住んでいて、里の同世代の中では最も魔力の扱いに長けていた。そういった事情から常に持て囃されて生きてきたため、魔法に関しては絶対の自信を持っていたが、“シャドウパラディン”という猛者の巣窟の中で、自分が井の中の蛙だったことを知る。しばらく沈んでいた「ニーズ」だったが、そんな彼に再び火をつけたのは、いまだ極めた者がいないとう秘術、竜刻変化だった。秘術の存在を知った彼は、人が変わったように修練と研究に励むようになる。胸に灯った新たな目標の火種。前人未踏の秘術の極意を会得し、今度こそ名実共に最強の魔道士となる――少年の夢は、まだ始まったばかりだ。

FAQ 節を編集

  • Q2721 (2016-11-10)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2729 (2016-11-10)
    Q. 儀式とは何ですか?
    A. 儀式とは、あなたのドロップゾーンにあるグレード1のカードの枚数を参照し、指定された枚数以上なら有効になる能力です。
  • Q2730 (2016-11-10)
    Q. 自動や起動の儀式能力を解決したあと、ドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数未満になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階でドロップゾーンのグレード1のカードが指定の枚数以上あれば、その後、指定の枚数未満になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ竜魔道の儀式G-TD10/009 イラスト/サカヤギ苦しみ惑う事。それはやがて大きな糧となるだろう。
はじめようセットはじめようセット 竜魔道の儀式