覇道真竜(はどうしんりゅう) クラレットソード・ヘルヘイム/Supremacy True Dragon, Claret Sword Helheim》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] 相手の、守護者か【Gガーディアン】が(G)に登場した時か、このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1以下のカードを、Gゾーンの表のカードと同じ枚数まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルする。

 竜皇覚醒で収録されたシャドウパラディンGユニット

 相手の、守護者Gガーディアンガーディアンサークル登場した時か、アタックヴァンガードヒットした時にGゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表にすることで、山札からグレード1のカードを、Gゾーンの表のカードと同じ枚数までスペリオルコールする自動能力を持つ。

 山札からグレード1以下のカードスペリオルコールすることで疑似スタンドを狙うことができ、その誘発条件相手が守りの要となる守護者Gガーディアンコールした時に満たされる。
 それらのカードによってアタックヒットを防がれても、コストが払える限りは即座に追撃のための後続を用意できるので、相手守護者Gガーディアンコールを牽制することができる。
 また、誘発条件はこのカードアタックヴァンガードヒットした時にも満たされるので、このカードアタックしたバトル中は誘発の機会がさらに増えることになる。

 ただし、最大限まで活かすには山札グレード1のカードが十分に残っていて、守護者Gガーディアンコールを複数回に渡って誘える状況を整える必要があるので、序盤の速攻で相手ダメージゾーンを4枚程度にして、左列右列のそれぞれでパワー21000ライン以上を形成しておくようにしたい。

 山札から探すことができる枚数はGゾーンの表のカードと同じ枚数までなので、Gゾーンに表のカードがない状態で超越した場合は基本的に1枚のみとなるが、相手守護者Gガーディアンを複数枚コールした場合は同一ターン中に誘発の機会が複数回訪れ、2回目以降の解決を行う際には2枚以上のスペリオルコールも可能となる。
 また、探すことができるカードグレード1以下のカードに限定され、パワー増加系の継続効果も付属していない関係上、スペリオルコールしたとしてもパワー不足で疑似スタンドの強みが活かせなくなる可能性が考えられる。
 《ギャングアサルト・ドラゴン》《ナイトスカイ・イーグル》等の能力を利用して効果パワーを増やしたり、《禁書を読み解く者》能力を利用してブースト役を追加でスペリオルコールする等、パワー不足を防止する手段もなるべく用意しておきたい。

 この効果で、2枚以上コールできる場合であれば、それぞれ同じ縦列に2枚をスペリオルコールしてブーストパワーを増やすという方法もある。
 この場合は、山札に残っているグレード1以下のカードフィールドの状態にも左右されるが、《ナイトスカイ・イーグル》2枚をスペリオルコールしてパワー22000ライン、さらに《ギャングアサルト・ドラゴン》効果パワー26000ライン等といった再誘発を狙える要求シールド値を稼いだ上での疑似スタンドも見込めるようになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

負の思念が集う魔窟「レリクス」。創造から長い時が経過した未来のレリクスには、意思を持つ亡者――即ち強大な力を持つ者たちが多く顕現するようになった。時に他者と徒党を組み、時に強き者へ降り、時にそれを裏切る。彼らは奇しくも、生きていた頃と同じような覇権争いの場へと身を投じていた。今や地上の写し鏡となったこのレリクス。ここには、幾億幾兆の亡者の屍を超え、覇王となった者がいるという。黒き甲冑を纏い、紅い双剣を振るう、蒼き翼を背負った竜の騎士。終わらぬ戦いに魂を焼かれることなく戦い続け、ついには地獄を統べるに至った反英雄。その名を知る者はすでに亡く、対峙しようものなら再び死を招く。力ある亡者ほど彼をこう呼び恐れていた。名も無き覇王「ヘルヘイム」と。

FAQ 節を編集

  • Q3537 (2017-08-24)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3541 (2017-08-24)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3547 (2017-08-24)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3549 (2017-08-24)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q3573 (2017-08-24)
    Q. この効果で、このユニットを【ブースト】しているユニットがいるサークルにユニットをコールしました。【ブースト】のパワー増加はどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q3575 (2017-08-24)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/005 RRR イラスト/哀しみはやがて、地獄へと行き着く。
G-BT12/S03 SP イラスト/(※なし)