喧嘩屋(ブロウラー) 節を編集

概要 節を編集

 「喧嘩屋」を中心とした【なるかみ】

 特徴としてはシークメイトを主体とした【なるかみ】双闘テーマデッキで、特に相手リアガードドロップゾーンに置かれた時に誘発する能力を中心に、それらを誘発させる為のリアガードの豊富な退却手段が主な武器となっている。
 相手リアガードドロップゾーンを送る手段としては、主に能力による退却に加え、バトルによる退却も挙げられる。

 基本的には相手リアガード退却と、それに反応してパワーが上昇するカードを組み合わる事により、相手に対するシールド要求とディスアドバンテージの相乗効果を狙った攻撃的な戦術が得意と言える。

 全体的な攻撃性能としては、高コスト効率で手軽な相手リアガード退却手段の豊富さから、特にリアガードの展開が得意なデッキに対する反撃性能が高く、先に仕掛けてきた相手に対して時に致命的なまでのカウンターを浴びせかける事も可能である。
 また、双闘テーマでありながら、シークメイトに依存しなくてもある程度行動可能なテンポ性の良さも大きな利点と言える。
 その一方で、決め手となるパワー出力は相手リアガードの展開状況に依存しており、【シャドウパラディン】のようなリアガードを残さず自分のターンを終える事が可能なデッキや、リアガードの展開に対し慎重なファイター相手だった場合攻めあぐねてしまう等、やや不安定な一面もある。

 防御性能に関しては平均的な【なるかみ】の域を出ず、特筆すべき点は特に無い。
 強いて挙げるのであればクロスライドが搭載可能な派生軸の【ビッグバンナックル】だろう。

 総じて、不安な部分があるものの、真正面からの殴り合いを望む逆境に強いデッキと呼べるだろう。

構築について 節を編集

「喧嘩屋」のカード 節を編集

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「喧嘩屋」以外のカード 節を編集

―グレード1

―グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 基本的に相手リアガード退却が攻めの起点となるため、肝心の対象がいないと持ち味が生かしづらい。

 【むらくも】等のように前列が空きやすいデッキ等は多くのカード能力が腐り気味になるためもあまり得意ではない。総じて相手リアガードがこちらのターン中にいなくなりやすいデッキは出鼻を挫かれ易い傾向にある。

 かつての【かげろう】のように逐一退却させていくのではなく、完成した相手フィールドを一気に崩すことが持ち味の為、相手の戦線が整うまでこちらもうまく動けないということになりやすい。

関連リンク 節を編集