《グラビティボルト・ドラゴン/Gravity Bolt Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのドライブチェックでグレード3の《なるかみ》がでた時、コストを払ってよい。払ったら、相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させ、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの呪縛カードを1枚選び、解呪する。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 呪縛ブレイクキャンペーンで配布されたグレード3のなるかみ

 リミットブレイクは、ドライブチェックグレード3のなるかみがでた時にカウンターブラスト(1)で、相手前列リアガード1枚を退却させ、パワー+5000を得る自動能力

 《剣帝 ドラゴニック・ヴァルブレイド》などのものと同様、ドライブチェックヴァンガードパワー+10000を得られる確率が大きく高まるため、相手に「ドライブチェックトリガーユニットが2枚でてもヒットしないガード」を積極的に行わせることが可能である。

 ただし、誘発ドライブステップ中なので、先に前列を全てインターセプトされていると退却効果は活かせなくなってしまう。
 見方によっては、誘発できなくても前列を減らさせる潜在的な作用があるとも取れる。

 起動能力による解呪は、自動能力がそう頻繁には誘発しないため、他のカードカウンターブラストを使わないのであれば数回は無理なく使えるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

常識外れの剛力を誇る“なるかみ”の竜戦士。 彼の持つ重力兵装「グラビトン」は超重武器の中でも扱いにくい部類に入るが、球に触れた者の重力を極短時間数倍に変えるという強力な特性を持つ。 見た目通りの荒々しい性格の割に仲間意識が強く、帝国の戦士であれば他の部隊の者であっても分け隔てなく接する度量の大きさを備えている。 「ボーイングソード・ドラゴン」の隊に所属していたが、当時何一つ情報が無いまま戦う事になった“リンクジョーカー”相手に隊は壊滅し、部隊一の戦士と言われていた彼でさえも、呪縛(ロック)によって力の大半を封じられていた。 「解呪(アンロック)」を習得した旧友「ジョーゼット」の手により解呪された後、短期間であるが指南を受け、自身も「解呪」の力を身に着ける事に成功。 軽度の呪縛に囚われていた戦士達を解放しつつ、今は来るべき反撃の機に備えている。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード呪縛ブレイクキャンペーンPR/0164A イラスト/イトウヨウイチ関係ない。 粉々にしてしまえばよいのだろう。
PR/0164B イラスト/イトウヨウイチ他愛もない。 このまますべて破壊しつくしてくれる。