覇天皇竜(はてんこうりゅう) ドラゴニック・オーバーロード “The() Purge(パージ)”》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたの、Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にし、手札から「オーバーロード」を含むカードを1枚選び、ソウルに置く] 相手のダメージゾーンが4枚以下なら、相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。そのダメージチェックではトリガー効果すべてを無効にする。
【永】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットのドライブは相手のダメージゾーンの枚数に等しい。

 究極超越で収録されたかげろうGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、Gゾーンの裏のカードを1枚を表にし、手札から「オーバーロード」のカードを1枚選び、ソウルインすることで、相手ダメージゾーンが4枚以下なら、相手ヴァンガード1枚に1ダメージ与え、そのダメージチェック中、トリガー効果をすべて無効にする起動能力

 《煉獄竜 ボーテックス・ドラゴニュート》と同様にトリガー効果を無効にしながら相手ヴァンガードに1ダメージを与えることで相手ダメージゾーンの枚数を確実に増やすことができる。
 そちらと同様に詰めに確実に近づけれられるという恩恵に加えて、このカードが持つ永続能力の他、「オーバーロード」のサポートカードに含まれる《グロウヒーター・ドラゴン》《バーニングホーン・エヴォリュート》等が持つ、相手ダメージゾーンの枚数によって効果量が変動する能力を補助することができる。
 コストには手札の「オーバーロード」のカード1枚というやや厳しめなものが含まれているが、《ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”》《リザードヒーロー アンドゥー》等、手札に加えられる手段には恵まれていることから確保はしやすく、《ドラゴニック・オーバーロード》ソウルに置いてやれば《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》《ドラゴニック・オーバーロード》クロスライドを有効化するといった作用も期待できる。
 相手ダメージゾーンが5枚以上に達した場合はプレイしても効果が不発となるので、相手ダメージゾーンの枚数が5枚以上であることを活かせる《超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス》、「オーバーロード」関連のサポートカードをそのまま活かせる《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》等に繋げるのが基本となるが、このカード永続能力狙いでこちらの能力を無視することを前提に超越する選択肢もある。

 2つ目の能力は、自身の[ドライブ]]は相手ダメージゾーンの枚数に等しくなるジェネレーションブレイク(3)の永続能力

 起動能力との併用を前提としても他のGユニットを少なくとも1枚は超越またはコールしておく必要があるが、相手ダメージゾーンが4枚以上ある状態で有効化したならドライブの増加の恩恵を受けられる。
 逆に相手ダメージゾーンの枚数が2枚以下の状態で有効化した場合はドライブが減少するリスクを負うため、起動能力効果リアガードバトルによるダメージ等を考慮入れて、このカードアタックするバトルドライブステップを少なくとも相手ダメージゾーンが3枚以上の状態で迎えられる目算がない状態での有効化は避けておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3758 (2017-11-17)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3764 (2017-11-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3776 (2017-11-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック究極超越G-BT13/003 GR イラスト/タカヤマトシアキ放たれるは、粛清の一撃。