覇天皇竜(はてんこうりゅう) ドラゴニック・オーバーロード “The() Ace(エース)”/Supreme Heavenly Emperor Dragon, Dragonic Overlord "the Ace"》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2),Gゾーンから裏の「覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”」を1枚選び、表にする] Gゾーンの表のカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのドライブ-1し、【自】(V)【ターン1回】:[手札から1枚選び、捨てる,手札からカード名に「オーバーロード」を含むカードを1枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、パワー+5000。』を得る。

 ファイターズコレクション2015で収録されたかげろうGユニット

 カウンターブラスト(2)とGペルソナブラストで、Gゾーンの表のカードが2枚以上なら、ドライブ-1と『1ターンに1回、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に手札1枚と手札の「オーバーロード」のカード1枚のドロップで、自身をスタンドし、パワー+5000を得る自動能力』を得る。

 《メテオカイザー ビクトプラズマ》も同様のコストで3:2交換で自身をスタンドする能力を得られ、こちらはスタンドする際に追加でパワー+5000を得られる。

 スタンド能力を得るまでの手順は《メテオカイザー ビクトプラズマ》と同じであるが、こちらは手札コストが「オーバーロード」のカード1枚以上を含む2枚となっている。
 「オーバーロード」のカード《リザードジェネラル コンロー》《リザードヒーロー アンドゥー》等を利用することで1:1交換ながら確保は狙いやすい。
 確実とは言い難いが、《ドラゴニック・オーバーロード “The Destiny”》《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》手札に「オーバーロード」のカードの確保が狙える能力を持つのでそちらも活用するとよい。

 ただし、手札コストにできる「オーバーロード」のカードはいずれもグレード3のカードなので超越スキルとのコスト競合が起こりやすい。
 メインデッキに入れる「オーバーロード」のグレード3のカードの枚数自体を増やすか、《ラーヴァフロウ・ドラゴン》《ドゥームブリンガー・ハイフレイム》等の1枚で超越スキルコストを賄えるカードを併用して安定性を高めておきたい。

 一応、手札に「オーバーロード」のカードが確保できない状況でもドライブチェックで確保が狙える可能性はある。
 ただ、カウンターブラスト(2)を先払いする上にドライブ-1を得てしまう以上、よほどのことがなければ避けた方がいいだろう。

 同じくスタンドが行えるかげろうGユニットとしてはGデッキに1枚から入れられ、手札コストの制限のない《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》もいるが、相手リアガードが多い場合でも手札コストの量が安定している他、《グロウヒーター・ドラゴン》《バーニングホーン・エヴォリュート》要件に対応しているといった利点があるので差別化はしやすい。
 コストの工面は厳しめなものの、《メテオカイザー ビクトプラズマ》と同様に起動能力を2回プレイすることで、Gゾーンに表のカードがない状況からの利用やドライブ1で2回のスタンドが狙える利点を活かすのも手である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

後の世に、「帝国最強の戦士」として長らく名を残す猛将「ドラゴニック・オーバーロード」。
名だたる名将は多かれど、彼は群を抜いて有名であり、帝国の戦士達には「軍神」と称えられていた。
他国の文献にもその名を記される機会が多く、衝突の多かった隣国では悪鬼として描かれ、
歴代の皇帝以上に名を見かける事も多かったという。

“ギアクロニクル”曰く、神聖国家の英雄と帝国の暴竜は非常に特殊な存在であり、
この世界以外のありとあらゆる並行世界のどこにあっても、世界の行く末を左右する力を有していた。

「Ace(エース)」の名を冠する暴竜の姿は、こことは異なる時空の未来における「可能性の一つ」であり、
この時空の暴竜と同じく、一度は逆境に堕ち、再び剣を取って戦場に舞い戻った存在である。
敵のみならず、味方までも震え上がらせたその圧倒的な力で、暴竜は帝国最強の名を欲しいままにした。

この後、彼は帝国以外の国全てを支配し、クレイの全土を統べる者として「覇天皇竜」を名乗り、
初代皇帝として世界に君臨した。 彼の存在する時空は、ドラゴンエンパイアの全土平定を機に、
“ギアクロニクル”が訪れたこの時空とは大きく異なった未来を行くのだろう。

FAQ 節を編集

  • Q1261 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1262 (2015-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1264 (2015-04-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1269 (2015-04-28)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/004 GR イラスト/DaisukeIzuka今、黙示録の炎が蘇る。
PRカードThe Overlord blaze “Toshiki Kai” 特典PR/0371 イラスト/DaisukeIzukaこの空は、これより“Ace(エース)”が支配する。