《ナイト・オブ・ツインソード/Knight of Twin Sword》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、このユニットがブーストされているなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「ナイト・オブ・ツインソード」以外のグレード2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。

 明星の聖剣士で収録されたグレード2のロイヤルパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、ヴァンガードアタックした時にブーストされているならカウンターブラスト(1)で《ナイト・オブ・ツインソード》以外のグレード2のカードを1枚までスペリオルコールする自動能力

 使えるタイミングが遅い上にスペリオルコールできるのはグレード2のみだが、シールド値を稼げることで中盤以降もアドバンテージになりやすい。
 加えて、バトルフェイズ中にスペリオルコールを行うので疑似スタンドを狙うこともできる。

 2枚目以降をスペリオルコールすることはできないので、このカードの採用枚数が多いとスペリオルコール対象の選択肢が意外と狭くなりがちなことには注意しておきたい。

 疑似スタンドを狙う際は、《ナイト・オブ・フラグメント》等の単体でパワー11000以上を出せるカードを優先しておきたい。
 《青天の騎士 アルトマイル》《飛天の聖騎士 アルトマイル》といった永続能力前列ユニットパワー増やせるカードと組み合わせれれば、尚良いだろう。

  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。
  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

神聖国家第一正規軍“ロイヤルパラディン”の一員。
二刀一身とされる大小二本の剣を自在に操る手練れの剣士。
二刀流は、その扱いにくさから伝承者が少なく、我流ではない正当な流派の使い手は、多くの騎士を有する聖域でもほとんど見る事が出来なくなっていた。
彼が「ナイト・オブ・ツインソード」と呼ばれるようになったのは、ある高名な敵将に「聖域のツインソード」と称されたのがきっかけであり、それ以来仲間からも「ツインソード」という渾名で呼ばれるようになったという。
皆親しみを込めてそう呼んでいる為、当初はあまりいい顔をしていなかった彼も、次第に気にする事は無くなっていった。
聖域のツインソード――彼は今、この二つ名を堂々と名乗る。
その名に込められた皆の期待、ただそれに答える為に。

FAQ 節を編集

  • Q1103 (2014-11-20)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q1106 (2014-11-20)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ明星の聖剣士G-TD02/006 イラスト/藤真拓哉天空に舞う、2羽の隼が如く。
はじめようセットはじめようセット 明星の聖剣士
PRカードはじめようセット 天命の聖騎士 付属カードPR/0498 イラスト/藤真拓哉見惚れていていいのか?次のが来るぜ?