《クロノバイザー・ヘリテージ/Chronovisor, Heritage》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - クロノドラゴン/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[あなたのGゾーンから他の表の〈十二支刻獣〉を4枚選び、裏にする] このユニットが(V)からGゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたは追加1ターンを得る。その追加ターンのライドフェイズを飛ばし、メインフェイズの開始時にこのカードを(V)に【超越】する。

 竜神烈伝で収録されるギアクロニクルGユニット

 ヴァンガードサークルからGゾーンに置かれた時にGゾーンの表の〈十二支刻獣〉4枚を裏にすることで、追加1ターンを得て、その追加ターンライドフェイズを飛ばし、メインフェイズの開始時に自身を超越する自動能力を持つ。

 《時空竜 ミステリーフレア・ドラゴン》と同様に追加1ターンを得られるという能力となっており、こちらはコストさえ揃えば確実にそれを得られる。

 追加1ターンではライドフェイズが飛ばされることでノーマルライドノーマル超越が行えず、《刻獣 セントリー・ドラコキッド》等のライドフェイズ開始時の能力の利用もできないものの、《時空竜 ミステリーフレア・ドラゴン》とほぼ同じ恩恵をある程度確実に得られる利点は大きく、さらに追加ターンメインフェイズ時限誘発でこのカード超越スキルコストを払わずに超越するのでその分のアドバンテージも追加で得られる。

 一方で、コストで要求されるGゾーンの他の表の〈十二支刻獣〉4枚の確保するのに手間がかかり、《超刻龍 オルタード・ドラゴン》等を超越してそのコストを利用してGゾーンの裏の〈十二支刻獣〉を直接表にしたり、《刻獣守護 イリシュ》コールして他のファイターターンでも稼いだとしても、使えるようになるのは基本的には10ターン目以降、早くとも8〜9ターン目とそれなりに時間をかかるので留意はしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜神烈伝G-BT14/005 GR デザイン:伊藤彰 イラスト:たにめそ今こそ示せ、我らが真に望む世界を――!