刻獣(パルサー) セントリー・ドラコキッド/Pulsar, Sentry Dracokid》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【自】【(R)】:[あなたの手札からグレード3の〈ギアコロッサス〉を1枚選び、公開する] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から1枚を表でバインドする。
【起】【(R)】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1),このユニットを退却させる] あなたの〈ギアコロッサス〉のヴァンガードがいるなら、あなたの山札の上から1枚を表でバインドし、そのカードが〈十二支刻獣〉なら、1枚引く。

 鬼神降臨で収録されたグレード0のギアクロニクル

 2つ目の能力は、ライドフェイズ開始時に手札からグレード3の〈ギアコロッサス〉1枚を公開することで、デッキトップから1枚を表でバインドする自動能力

 コストの関係から手札グレード3の〈ギアコロッサス〉を保持しておく必要があるが、3ターン目から使えるバインドゾーンの枚数稼ぎの手段となる。
 狙ったカードバインドする用途には不向きとはいえ、《超刻龍 オルタード・ドラゴン》のように要件効果の関係からカードの種類を問わずにバインドゾーンの枚数を稼いでおくことが求められるカードの補助手段としてなら十分に役立てられる。

 3つ目の能力は、ソウルブラスト(1)と自身の退却で、〈ギアコロッサス〉のヴァンガードがいるなら、デッキトップから1枚をバインドし、そのカードが〈十二支刻獣〉なら1枚ドローするジェネレーションブレイク(1)の起動能力

 使えるタイミングが遅く、要件で〈ギアコロッサス〉のヴァンガードがいることが要求されるが、〈十二支刻獣〉をバインドすることに成功すれば1:1交換の効率でドローが行える。

 要件については相性の良い《超刻龍 オルタード・ドラゴン》超越するたけで容易く満たせるものの、構築にもよるがこのカードソウル1枚を消費した上でドローまで解決できるかどうかが不確定であるのは痛い。
 バインドゾーンの枚数稼ぎとしても継続的な利用が狙える1つ目の能力が有用であることから、フィールドに残しておいた方が好都合ということも考えられるの辛いところ。
 堅実性を重視するなら、純粋な【十二支刻獣】で利用したり、不要となった段階で要件を満たしていても、この能力プレイは見送って、《烈火進撃の時空巨神》《全身全霊の理想巨兵》等のコスト効果で消費するとよい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/099 C イラスト/佐久間さのすけここは僕達が通る道だ。 退いてもらうよ。