《フルーツバスケット・エルフ/Fruits Basket Elf》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ネオネクタール - エルフ パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックしている《ネオネクタール》を【ブースト】した時、あなたの《ネオネクタール》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、相手はユニットを(G)にノーマルコールできず、【ブースト】されたユニットはアタックがヒットしても、ダメージを与えない。

 蒼嵐艦隊で収録されたグレード1のネオネクタール

 そのバトル中のガードインターセプト等を除きほぼ不可能な状態にできるが、アタックヒットしてもダメージを与えられず、ヴァンガードアタックしているネオネクタールブーストした時限定なのでバトルによる退却さえも狙えない。
 ガードによるカード消費もダメージも与えないのはそれ自体がディスアドバンテージになり、ヴァンガードヒットした時の能力誘発させることでそれを帳消しにできるだけのリターンを得る必要がある。

 最も活かせるのは、1枚のアドバンテージになる《ドクドク・マッシュルーム》だろう。
 カウンターブラスト(1)で継続的に使用できる疑似的な《ストリート・バウンサー》のように運用できる。
 また、リアガードを増やすことができる《収穫の騎士 ジーン》《メイデン・オブ・チェリーブルーム》と組み合わせるのも悪くはない。

 《メイデン・オブ・トレイリングローズ》など、ヴァンガードサークルで有効なアタックヴァンガードヒットした時の能力にも利用できる。
 ただし、相手シールドを減らせないことやクリティカルトリガーを考えると相手に対して大きなアドバンテージを取れる可能性のあるヴァンガードアタックを無為にしてしまうのは、あまりよろしいとは言えない。

 そうでなくとも、序盤のヴァンガードアタックブーストさえつければ通りやすい。
 展開できずに自動能力をどうしても使っておきたく、相手も簡単には通してくれそうにもないという状況でなければ、極力避けるべきだろう。

 また、あくまでガーディアンサークルへのノーマルコールを封じる効果なので、インターセプトなど他の手段でガーディアンを調達することはできる。
 シールド10000までならインターセプトで確保するのは難しくないので、きちんと考慮しておきたい。
 特定のカードの場合、《バルーン・ラクーン》《ぶれいがる》《戦場の歌姫 クロリス》等は公開領域に保持していることを確認できるためある程度予測は立てられるが、手札からいつ使われるかわからない《隠密魔竜 マンダラロード》《夢幻の風花 シラユキ》に対する時はやや厳しい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q283 (2012-09-20)
    Q. このユニットの能力を使った時、アタックしたユニットのパワーが相手のヴァンガード以上のパワーなら、そのバトルでヒットしますか?
    A. はい、ヒットします。そのため、ダメージを与えたることはできませんが、「ヒットした時」の自動能力が発動します。

収録情報 節を編集

ブースターパック蒼嵐艦隊BT08/067 C イラスト/田所哲平森は、森の住人を見捨てない。