隠密魔竜(おんみつまりゅう) マンダラロード/Covert Demonic Dragon, Mandala Lord》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
むらくも - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)/(R)】:《むらくも》以外のあなたの、ヴァンガードかリアガードがいるなら、このユニットのパワー-2000。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「隠密魔竜 マンダラロード」を1枚選び、捨てる] このユニットがアタックされたガードステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手のアタックしているユニットを1枚選び、そのバトル中、パワー-10000。

 双剣覚醒で収録されたグレード3のむらくも

 シールドのないグレード3がカウンターブラスト(1)で実質シールド10000のガーディアンに化けてくれるのは嬉しい。
 元々のパワー11000とあわせて、安定して高い防御力を発揮できるカードと言える。

 ただし、ガードステップの「開始時」なので1回のバトルにつき1度しか誘発できないことには注意したい。

 誘発条件が厳しく不安定だが《忍竜 カースドブレス》《忍竜 ミダレエッジ》等の手札に加える手段が存在するので、ライドや後続の確保もある程度狙いやすくできる。

 相手アタックしているユニットパワーを減らす効果なので、《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》等が得る永続能力による1回のアタックで複数のユニットバトルする能力を一挙に防ぐ手段となり得る。
 ただ、ブーストしているユニットパワーが高いとパワー-10000を与えただけではヒットを回避しきれない。
 相手の選択肢を狭める程度のものと割り切った方がいいだろう。

 《夢幻の風花 シラユキ》はこのカードの上位版とも言える能力を持つが、あちらには《忍竜 カースドブレス》《忍竜 ミダレエッジ》に相当するカードがないため、その点で差別化していきたい。

  • アニメでは第72話にてチーム忍のジャックが使用。ライドして《忍竜 ミダレエッジ》で2枚目以降を集め、能力を使用した。ドライブチェックでも手札に加えていたが、その1枚は最終的にシールドが足りず使用しなかった。
    • ライド時の台詞は「さあ、時は来た。 禁じられし全ての術を使い呪い、思うがままに戦うがいい。 《隠密魔竜 マンダラロード》!」
    • 能力使用時の台詞は「 《隠密魔竜 マンダラロード》のペルソナブラスト発動! 自分の分身を生贄に捧げ、この呪いは完成する。 喰らえ、忍法影縫いの術!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

鬼の如き形相をした一面六臂の忍竜。
邪法である禁呪を主として戦い、時に周囲すら巻き込む戦いを行うため、味方である隊員にすら「魔竜」として恐れられている。
禁呪「竜獄曼荼羅(マンダラ・ジェイル)」は取り込んだ相手を無力化する呪詛の檻であり、一度囚われれば短時間ではあるものの、一切の抵抗が出来ない程の虚脱感に苛まれる。

  • 「曼荼羅(まんだら・maṇḍala)」とは仏教(密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。多くは複数の尊像が、ある法則や意味にしたがって円形または方形の魔方陣に描かれた絵である。

FAQ 節を編集

  • Q144 (2012-01-14)
    Q. 相手のユニットのパワーが0やそれ以下になりました。相手のユニットは退却しますか?
    A. いいえ、退却しません。パワーが0以下になっても、そのユニットは退却せず、他のユニットと同じように能力を使ったり、アタックできます。
  • Q145 (2012-01-14)
    Q. [ ]の中の行動の内、片方だけ行えば能力を使えますか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q146 (2012-01-14)
    Q. 『ガードステップ開始時』に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック双剣覚醒BT05/001 RRR イラスト/山宗呪うべし六大世界……刮目せよ、竜獄曼荼羅(マンダラ・ジェイル)
BT05/S01 SP イラスト/山宗全ては輪廻の呪い……知るがいい、竜獄曼荼羅(マンダラ・ジェイル)