《クレセントムーン・ジャグラー/Crescent Moon Juggler》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ペイルムーン - ワービースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
奇術 - 【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの「ハリー」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【ソウルチャージ】(1)し、ソウルから1枚まで選び、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+2000し、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。

 刃華超克で収録されたグレード2のペイルムーン

 リアガードサークル登場した時に「ハリー」のヴァンガードがいるなら、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、ソウルチャージ(1)し、ソウルから1枚までスペリオルコールし、そのユニットと自身にパワー+2000を与え、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールされたユニットソウルインする奇術ジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 使えるタイミングが遅い上に「ハリー」のヴァンガードが必要な上に時限誘発付きとなるが、ソウルから無制限のスペリオルコールを行った上でそのユニットと自身のパワーを増やせる。

 コストが嵩むことになるが、《仮面の奇術師 ハリー》奇術能力を起点として《ダークサイド・プリンセス》に繋げればスペリオルコールすれば左列右列の、前列のそれぞれに単体パワー16000のユニットを並べることができる。
 それぞれ時限誘発ソウルに置かれてしまうので最終的なカードアドバンテージを稼ぐことはできないものの、以降のターンでもコストが払えるなら同じコンボが狙える。

 同質の要件を含む《ダークサイド・ソードマスター》スペリオルコールしてドローに繋げればアドバンテージを稼ぐことができ、《仮面の神竜使い ハリー》と併用する場合でも疑似スタンドの枚数稼ぎに繋げられる。

 ただ、疑似スタンドを狙うだけならば、《運命の配り手 ジャクリーン》で事足りる場合も多く、一時的なリアガード展開としても《フライング・ペリュトン》で十分な場合が多いので、《キューティ・パラトルーパー》とのコンボや単体で運用できることやパワーの増加を上手く活かせるようにしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

魔道サーカス“ペイルムーン”のメンバー。
デーモンとワービーストのハーフであり、通常のワービーストよりも魔力の扱いに長け、
愛用のナイフを使ったジャグリングを何より得意とする。

ジャグリングを行う際は、ナイフの刃に切れ味を強化する魔法をかける。この状態で刃に触れようものなら、
彼の指などポトリと落ちてしまうだろう。それは鉄板を真っ二つに切り裂いた試し切りで証明されている。
しかし、彼はこれまでの数百回にわたる公演の中で、ただの1度もしくじったことがない。
数多く所属するジャグラーの中でもとりわけ人気が高いのは、端麗な容姿だけでなく、そういった命がけの芸を
必ず成功させる確かな技術の成し得る技だろう。

なお、ナイフマニア――というわけでは無いのだが、愛用のナイフに「サレン」、「ブレイク」、「シャイ」という
名前をつけて、毎日恍惚とした表情で磨いているため、ほぼすべての団員から勘違いされているらしい。

FAQ 節を編集

  • Q1478 (2016-02-18)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。
  • Q1483 (2016-02-18)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。
  • Q1484 (2016-02-18)
    Q. 効果でコールしなかった場合でもこのユニットのパワーは増加しますか?
    A. はい、増加します。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/017 RR イラスト/田口美穂不機嫌なお月様、欠けちゃったお月様。