《シュヴァルツシルト・ドラゴン/Schwarzschild Dragon》

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(3),あなたの手札から「シュヴァルツシルト・ドラゴン」を1枚選び、捨てる] 相手のリアガードを3枚まで選び、呪縛し、そのターン中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、あなたの山札の上から5枚まで見て、「シュヴァルツシルト・ドラゴン」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「グラヴィティコラプス・ドラゴン」があるなら、このユニットのパワー+1000。

 黒輪縛鎖で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(3)とペルソナブラストで、相手リアガード3枚を呪縛し、パワー+10000/クリティカル+1を得る起動能力

 呪縛先の指定がないため、このカード1枚で「右列と左列の前列2枚と中央後列1枚」という高効率の呪縛を行うことができ、これだけでも十二分に強力。

 《凶爪の星輝兵 ニオブ》《魔爪の星輝兵 ランタン》パワー+6000を得るためそれらとのシナジーも良い。

 更に《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》ブレイクライドも併用すれば、相手リアガード全てを呪縛した上で、単独パワー31000/クリティカル2と凄まじい制圧力を発揮できる。
 ただ、アタック1回を防ぐ手札すらないのでどうしてもファイナルターンに持ち込みたいという状況ならともかく、通常ならそれぞれの発動は2ターンに分けて行い、継続的に相手の反撃を抑える方が賢明だろう。

 コストに確保しにくいペルソナブラストが含まれるのが難であるが、ヴァンガードサークル登場した時に自動能力による補助で多少は確保しやすくなっている。
 しかし、見て探す範囲がデッキトップ5枚と狭いのであまり確率は高くなく、またカウンターブラストを使うため、今度はカウンターブラスト(3)の確保に支障を来す場合もあるというジレンマも抱えている。

 幸いと言うべきか、【リンクジョーカー】においてカウンターブラストを使用するカードは主にグレード3以上のカードに集中しており、このカード以外でカウンターブラストを使わない構築は問題なく行える。
 起動能力を使用した後のヒールトリガーを期待して自動能力の使用を控えるか、1回使えれば十分として躊躇いなく使っていくかは状況に応じて検討したい。

 いずれにせよ起動能力を使用してこそ意味のあるカードなので、ドロートリガーを多めに投入することや、手札交換を行える《黒門を開く者》を採用するなどして、何としても2枚目を手札に加えられるようにしたい。

 難点としては、相手が片方の前列リアガードを置いてない場合、効率が大幅に落ちる事である。
 そういった場合は起動能力の使用を遅らせて《レインエレメント マデュー》等をノーマル超越する事が望ましいが、クリティカルの上昇が活かせる様ならそのまま使ってしまうのも一興である。

 ただし、3枚分の呪縛を行うだけならば《星輝兵 イマジナリープレーン・ドラゴン》カウンターブラスト(2)と自身の後列に「星輝兵」があるだけで実現できてしまうので、クリティカルの上昇を活かして差別化しておきたい。

関連カード

ユニット設定

“リンクジョーカー”の中で最も巧みに「虚無(ヴォイド)」を操る異形の戦士。 指揮官クラスの力を持ちながらその地位には就かず、あくまで一歩引いた所から戦局を動かす事に愉悦を覚える高慢な軍師。 かの「解放戦争」の原因となった三英雄封印の実行者であり、本隊からの指令を受け、計画を実行に移す為に百余年の時をかけて膨大な量の「虚無(ヴォイド)」を溜め込んでいた。 以降は英雄を失ったクレイの民が謎の存在に怯え恐怖する様を楽しんでいたが、彼の計画は勇敢なる戦士達の手によって狂わされた。 長い期間をかけて練った封印を破り計画を台無しにした戦士達を激しく憎悪しながら、彼は「星に希望を与える全ての愚者の呪縛(ロック)」という新たな野望を胸に抱く。 明確な殺意と悪意を持って、己が悦楽に興じる悪竜は星の全てを絶望の最下層に突き落とすべく動き始める。

FAQ

  • Q528 (2013-07-05)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q534 (2013-07-05)
    Q. レストしているカードが呪縛されました。呪縛されたカードの向きはどうなりますか?
    A. 呪縛されたカードはレスト・スタンドの状態を持たないので、好きな向きで置いてください。表に戻す時に、スタンドにしてください。
  • Q535 (2013-07-05)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。各ファイターのエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q538 (2013-07-05)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q539 (2013-07-05)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードがなかった場合はどうしますか??
    A. 見たカード全てを山札に戻してシャッフルして下さい。

収録情報

ブースターパック黒輪縛鎖BT12/006 RRR イラスト/村山竜大呪縛(ロック)……、呪縛(ロック)……、お前も……呪縛(ロック)だ。
BT12/S06 SP イラスト/村山竜大シュヴァルツシルト……そこでは全てが囚われる。