《ウェザーフォーキャスター ミス・ミスト/Weather Forecaster, Miss Mist》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
オラクルシンクタンク - ゴースト パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(G)に登場した時、相手のグレード2以下のヴァンガードがアタックしたバトル中なら、あなたのアタックされている《オラクルシンクタンク》を1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。

 コミックスタイルvol.1で収録されたグレード1のオラクルシンクタンク

 ノーコスト完全ガード効果を発揮できるが、その対象はかなり狭い。

 基本的にはライド事故がない限り、2〜4ターン目の間しか要件が満たせず、それ以降はパワー6000のバニラ同然になってしまう。
 序盤のアタックガードしたいかどうかは状況や相手デッキライドしたユニット次第であるため、上手く序盤に引けたところで有効に使えるかどうかはわからず、使えたとしてもパワー的に「2枚でガードする必要があるところを1枚で済ませた」程度にしかならず、安定性の低さには見合わない。

 『【双闘20000】』を持つ双闘しているヴァンガードアタックは「グレード2のヴァンガードアタック」としても扱われるため、双闘しているヴァンガードアタックを防ぐことができるため、現在はこちらを目当てに採用されることが多い。
 双闘しているヴァンガードは容易にパワー26000ラインを上回ってくるので、守護者以外の手札1枚でガードできればメリットは大きい。
 ただ、相手デッキ内容に依存しやすいので、ハイリスク・ハイリターンなカードともいえる。
 他にもGユニットの存在や《宇宙の神器 CEO ユグドラシル》《鋼闘機 シンバスター》の様にグレード1のカード手札からのコールを封じる能力を持つカードもあるので、仮に相手が該当するヴァンガードを採用していても肝心な時に使用できない可能性があるのが気になるところ。

 《ヒートエレメンタル ジュージュ》【オラクルシンクタンク】ならば、ほぼ同等の能力を持つので、合わせて8枚採用する事ができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「ウェザーフォーキャスター(Weather Forecaster)」は英語で「気象予報士」を指し、また「ミス/Miss(敬称)」と「ミスト/Mist(薄霧・霞)」の洒落になっている。

FAQ 節を編集

  • Q140 (2011-12-03)
    Q. このユニットの能力を使用したバトルで相手はドライブチェックを行いますか?
    A. はい、行います。条件を満たし、アタックがヒットしない場合も、バトル自体はそのまま行われます。
  • Q304 (2012-11-12)
    Q. このユニットの能力を使用したバトルで相手はドライブチェックを行いますか?
    A. はい、行います。条件を満たし、アタックがヒットしない場合も、バトル自体はそのまま行われます。

収録情報 節を編集

エクストラブースターコミックスタイルvol.1EB01/007 RR デザイン:伊藤彰 イラスト:Morechand弱者の剣は霧に惑い、決して彼女に届かない。
エクストラブースター神託の戦乙女EB05/014 R デザイン:伊藤彰 イラスト:Morechandあなたは何も見えない。 あなたはどこにも辿りつけない。