【オラクルシンクタンク】 節を編集

概要 節を編集

 【ロイヤルパラディン】【かげろう】に次ぎ、【ノヴァグラップラー】と並ぶ歴史を持つ伝統的なデッキ
 クラン統一でデッキ構築可能になったのはブースターパック騎士王降臨」から。

 ドローに関する能力に長けており、アドバンテージ稼ぎもさる事ながら、手札シールド値が充実する為、全クラン中でもトップクラスの堅牢さを誇る。

 全体的なパワーラインそのものは平均レベルだが、局所的に強力な前列要員も揃っている為、守備力だけでなく攻撃力も十分に有している。

 副次的な効果でリアガードの調達も苦手では無い為、戦線の構築や維持も難しくなく、扱いやすいデッキと言える。

構築について 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 弱点として、リアガードパワーラインが低めで、クロスライド等には特に分が悪い点が挙げられる。

 強力な前列要員を擁しているが、突破力と引き換えにパワーが無い、要件を満たすのが遅い、コストが重い等、強力なアタックを仕掛けられる回数に限りがある。

 それはそのまま速攻戦術を取りにくいという弱点にも繋がっているため、速攻や手数を増やすことを得意とするデッキに対して分が悪い。

 【グランブルー】ほどではないが、デッキアウトによる敗北は心配すべきだろう。

 特徴のドロー加速に加えて、《CEO アマテラス》ソウルチャージにより山札の消費速度が速い。
 それ以外にもノーマル超越を起点に《覇天戦神 スサノオ》自動能力トリプルドライブ!!!を多様していると山札が一周することも少なくない。
 《ロゼンジ・メイガス》能力を利用したヒールトリガーの使い回しにより持久戦が可能なため、その危険性は高い。

関連リンク 節を編集