【アマテラス】 節を編集

概要 節を編集

 「アマテラス」を中核とした【オラクルシンクタンク】

 《戦神 スサノオ》《戦巫女 サヨリヒメ》を擁しており、他の前列要員となるユニットもいくらか採用圏内に入るので、安定して戦線を築きやすい。

 クロスライドによる堅牢な防御力とリミットブレイクによる高いガード強要力を持った《日輪の女神 アマテラス》双闘することで《CEO アマテラス》能力の恩恵を受けつつそれとのコンボ性の高い能力を持つ《宝鏡の女神 オオヒルメ》のいずれかを主軸にするかで構築が若干変化する。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 リミットブレイクにしろメガブラストにしろ、終盤にならないとヴァンガードガード強要力が生まれないのが厳しい。

 その為クリティカルトリガーを主体にしたいが、そうすると今度は《日輪の女神 アマテラス》能力誘発が難しくなる。

 《CEO アマテラス》メガブラストヒットさせるユニットに制限は無いものの、成立させて得られる対価は自分に対するアドバンテージのみであり、相手を追い込むタイプではない。
 相手に守りに回られたらソウルチャージドロー加速によってデッキアウトの可能性も少なくなく、そもそもコストを揃えるのも大変と、なかなか噛み合わない。

関連リンク 節を編集