天水護将(てんすいごしょう) イオアネス》 節を編集

Gユニット  〈4〉
アクアフォース - アクアロイド パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを5枚まで選び、そのターン中、『【永】【(R)】:抵抗』『【永】【(R)】:このユニットはヒットされない。』を与え、選んだユニット1枚につき、このユニットのシールド+5000。

 ファイターズコレクション2017で収録されるアクアフォースGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にカウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、リアガードを5枚まで選び、『抵抗』と『自身はヒットされない永続能力』を与え、選んだユニット1枚につき、シールド+5000を得る自動能力

 《ダークエレメント ディズメル》同様に相手リアガードの処理を防ぐことができる。
 複数のリアガードへのアタックヒットから守ることができるので《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”》《征天覇竜 ドラゴニック・カイザー・ワーニング》等の【なるかみ】が得意とする複数のユニットと同時にバトルを行う能力への対策として活躍を期待できる。
 【アクアフォース】等のリアガードに依存しがちな戦術を基本とするデッキでは、中々有用な能力といえるが、リアガードを処理する能力の多くはガードステップ以前に利用できるものも少なくないので、過度の期待はしない方が良いだろう。
 更に効果で選ぶリアガードの枚数に依存してしまう難点はあるが、上手くいけば大幅なシールド値の確保を狙うことができる。
 ただし、このカード抵抗を持たないので、《伝説の次元ロボ ダイカイザー・レオン》等で退却させられる可能性があるのでその点には注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/045 RRR イラスト/えびら青年は宝珠と共に、荒波に立ち向かう。