【黒魔女(まじょ) [編集]

概要 [編集]

 「魔女」のカードを中心とした【シャドウパラディン】
 相手リアガードグレード0のユニットに変化させることを基本とし、独特な形でアドバンテージ差を広げていくスタイルとなる。

 【封竜】に似ているがこちらは相手グレード0のリアガードに関連した能力が主体であり、相手の意思に関係なくスペリオルコールさせることも相まって確実な弱体化を見込める。
 純粋なアドバンテージの獲得能力は【シャドウパラディン】の中ではそれほど優れてはいないものの、ドロー手段は豊富であるため、こちらでも質の良い手札の質の向上を目指せる。

 量より質を重視していると言え、枚数上のアドバンテージの稼ぎにくい分クセが強く、中級者以上に向いたデッキと言える。

構築について [編集]

「魔女」を含むカード [編集]

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「魔女」を含まないカード [編集]

―Gユニット

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点 [編集]

 あらゆる面で対策要素が強いが相手グレード0のカードユニットのいるリアガードサークルスペリオルコールすることで相手リアガード元々のパワーが低いユニットに変換し、それを足掛かりとして相手ヴァンガードパワーの減少に繋げるのが基本戦術なので、相手の有力なリアガードユニットの重複処理退却させられれば一応ディスアドバンテージを与えることができる。
 次の相手ターンで消費するシールドを減らす作用もあるが、そちらは何らかの能力によって有効的に消費された上で立て直されると元も子もなく、そもそも相手グレード0のカードスペリオルコールするにはユニットがいるリアガードサークルが存在しなければならないので、リアガード自体を減らされるとなかなか能力を活用する事が出来ない。
 よってグレード0のリアガードでもコスト等で処理しつつ立て直せる【銃士】【グランブルー】《ミリタントアクト・ドラゴン》《解放者 インプルーブ・ファルコン》を擁する【ゴールドパラディン】《怒髪の忍鬼 イッカク》《座興の忍鬼 センベー》を擁する【むらくも】、能動的にリアガードを減らしてターンを譲れる【シャドウパラディン】【たちかぜ】【スパイクブラザーズ】【グレートネイチャー】などにもあまり意味を成さなず、リアガードへの干渉が主という点からリアガードの補助なしでも条件を整えることができる段階に至っていればヴァンガード単体で強力な攻撃が行える特性を持つ【ダークイレギュラーズ】【ディメンジョンポリス】等も苦手となっている。

 また、トリガーユニットの中には優秀な能力を持つものも存在しており、それでなくとも《メカ・トレーナー》など有用なグレード0のカード《査察の魔女 ディアドリー》などの能力を利用してスペリオルコールさせて再利用を許してしまうとかなり厳しい。
 特に相手【ロイヤルパラディン】【ゴールドパラディン】【ネオネクタール】の場合、《エンカレッジ・エンジェル》《きゃっちがる・解放者》《メイデン・オブ・デイブレイク》山札からスペリオルコールさせてしまうと即座にフィールドを離れた上に相手ユニットパワーの増加やスペリオルコールを許す羽目になる。
 そうなると相手リアガードサークルグレード0のカードスペリオルコールさせることで、相手ヴァンガードパワーの減少に繋げたり、相手山札トリガーユニットの枚数を減らしたりするという、こちらの戦術がほぼ瓦解してしまうので気を付けたい。

 最悪、相手ヴァンガード《ロフティヘッド・ライオン》等の場合、山札からスペリオルコールされた《きゃっちがる・解放者》を経由して、パワーラインを立て直された上に相手ユニットパワーを増加を許してしまう事も考えられる。
 その際はドロップゾーンからグレード0のカードスペリオルコールさせる《査察の魔女 ディアドリー》《貴石の魔女 ダーナ》能力でそれを防止したり、《祭儀の魔女 リアス》《変貌の魔女王 シンクレア》などで一気に決着をつけたい。

関連リンク [編集]