星輝兵(スターベイダー) ブラスター・ジョーカー】 [編集]

概要 [編集]

 《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》を中心とした【星輝兵】

 《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》とその豊富な専用サポートカードにより、他の【リンクジョーカー】【星輝兵】等とは違った運用ができる。
 また、キーカードで「星輝兵」を要求するカード《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》のみなので、「星輝兵」以外のカードを採用しても無理は生じにくい。

構築について [編集]

キーカード [編集]

―グレード3

―グレード2

―グレード1

「星輝兵」を含むカード [編集]

-Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「星輝兵」を含まないカード [編集]

―グレード2

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点 [編集]

 《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》起動能力を使用できれば、相手リアガード全てが呪縛されるため、次のターンで手数が減りシールドを容易に温存できる。

 ただし、《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》起動能力コストは重く、せいぜい2度の使用が限界なので守護者等で守りきれば逆転されてしまう場合も考えられる。

 また、能動的にリアガードを減らしてターンを譲れる【シャドウパラディン】【たちかぜ】【スパイクブラザーズ】【グレートネイチャー】といったデッキに対しては多少ブーストをしづらくなる程度の影響に留まってしまうことも考えられる。

 その他の【星輝兵】と同様に、解呪能力にはかなり分が悪い。
 特に《創世竜 アムネスティ・メサイア》を擁する【リンクジョーカー】、次いで《転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン》《浄罪の獅子王 ミスリルエイゼル》が使える【アルフレッド】【エイゼル】Gデッキ呪縛カードの全体処理手段を自然と入れられるデッキであるため圧倒的に分が悪い。
 これらは簡単にすべての呪縛カードを全滅させてしまう上に、追加で強烈なパワークリティカルの増強を行えるため、他の【リンクジョーカー】より呪縛カードの枚数を増やしやすいだけに、呪縛を多く行っていればいるほど取り戻せないディスアドバンテージが大きくなってしまう。
 解呪を軸にして動く【メサイア】に対して《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》起動能力を使用しようものなら、高確率でなんの影響も与えられないどころか、相手呪縛カードというリソースを与えて自らの首を締める結果に繋がる。
 それら以外では《ミリタントアクト・ドラゴン》《解放者 インプルーブ・ファルコン》を擁する【ゴールドパラディン】の他、《座興の忍鬼 センベー》《怒髪の忍鬼 イッカク》を擁する【むらくも】《メテオカイザー ドガンティタン》《ザール・ブラウグランツ》を擁する【ノヴァグラップラー】《パーフェクトパフォーマンス アンジュ》《ディライトジーニアス アンジュ》を擁する【バミューダ△】にも突破される可能性がある。

 それらのデッキに対してはそれらを使われる可能性がある状態での《星輝兵 ブラスター・ジョーカー》起動能力の使用はリスクが大きく、まともな戦いを行う事すら難しい。
 少なくとも相手が同じく【リンクジョーカー】であったり、【アルフレッド】【エイゼル】【バミューダ△】、あるいはヴァンガードサークル《ミリタントアクト・ドラゴン》がいる場合は、《創世竜 ジャッジメント・メサイア》《滅星輝兵 グルーボール・ドラゴン》等を超越してつなぎつつ、フィニッシュを決められるタイミングを待つ他なくなる。

関連リンク [編集]