【シュヴァルツシルト・ドラゴン】 節を編集

概要 節を編集

 《シュヴァルツシルト・ドラゴン》を主軸とした【リンクジョーカー】

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

-トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《グラヴィティコラプス・ドラゴン》による3〜4ターン目での相手リアガード呪縛や、《シュヴァルツシルト・ドラゴン》による相手リアガード3枚を呪縛舌上でパワークリティカルの増加はそれに見合う爆発力を持つが、それ故に安定しているとは言いがたい。

 そのため、手札交換等によって山札の回転率を引き上げ、必要なカード手札に確保できるかが一つの焦点となってくる。

 ペルソナブラストについては《シュヴァルツシルト・ドラゴン》自身の自動能力での確保も望めるが、カウンターブラスト(1)を必要としている上に確実性がない。
 加えてペルソナブラスト以外にもカウンターブラスト(3)を要求することを考えると、それほど種類は多くないとはいえ他のカード能力カウンターブラストを回すのも難しくなる。

 また、起動能力自体の再度使用がほぼ不可能であるため、凌ぎ切られてしまうと使える能力が限られかなり厳しい状況に陥ってしまう。

関連リンク 節を編集