【ブラウ】 節を編集

概要 節を編集

 「ブラウ」のカードとサポートを中心とした【ノヴァグラップラー】

 元々は《シュテルン・ブラウクリューガー》連携ライドを基軸としたデッキで、後にリミットブレイクに対応する等、全体的に速効性の高いデザインとなっている。

 特徴としては【ノヴァグラップラー】の中では比較的カードアドバンテージの獲得に長けたカードが揃っており、立ち回りが安定しやすい点が挙げられる。

 攻撃性能に関しては非常に高く、【ノヴァグラップラー】特有のバトルフェイズ中のリアガードスタンド手段が豊富であるのは当然ながら、ヴァンガードスタンド及び疑似スタンド手段も複数存在しており、特にブレイクライドを絡めた爆発力の高いコンボを得意としている。

 一方でその代償として能力コスト消費も激しく、【ノヴァグラップラー】としてはコスト管理の難易度が高めであり、また「ブラウ」のカード能力の大半の誘発条件が『「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時』となっており、戦術の根幹がやや相手に依存気味なのが難点である。

 総じて高い攻撃性能を持ちながらもプレイングの難易度が高い玄人向けのデッキと言えよう。

構築について 節を編集

「ブラウ」のカード 節を編集

-Gユニット

―グレード3

-グレード2

-グレード1

-グレード0

「ブラウ」以外のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時に誘発する能力が中心となるため、能力の使用タイミングはおおよそ相手がコントロールすることになる。

 そのためリターンの少ない状況での誘発を誘導されることがある。そういう事態はあまりよろしくないので、能力発動時には万全の態勢を整えるよう留意したい。

 手札状況に応じて展開を調整することも大事。
 アタックできる前列が必須なので即効展開していざという時に前列が足りない、なんて事態は避けなければならない。

 また相手ダメージゾーンが5枚になるとほとんどの能力が使えなくなる。
 相手ダメージゾーンを4枚以下に抑えるか、そのような状況に対応できる《メルクーア・ブラウクリューガー》再ライドする等で対応することになる。

関連リンク 節を編集