【ブラウ】 節を編集

概要 節を編集

 「ブラウ」のカードとサポートを中心とした【ノヴァグラップラー】

 特徴としては【ノヴァグラップラー】の中では比較的カードアドバンテージの獲得に長けたカードが揃っており、立ち回りが安定しやすい点が挙げられる。

 攻撃性能に関しては、「ブラウ」のカード能力の大半の誘発条件が『「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時』となっており、ガード強要力の高いアタックを行える反面、戦術の根幹がやや相手に依存気味である難点もある。

 総じて高い攻撃性能を持ちながらもプレイングの難易度が高い玄人向けのデッキと言えよう。

構築について 節を編集

―キーカード

-「ブラウ」以外の超越スキル

-「ブラウ」以外のGガーディアン

―「ブラウ」のグレード3

-「ブラウ」のグレード2

-「ブラウ」以外のグレード2

-「ブラウ」のグレード1

-「ブラウ」以外のグレード1

-「ブラウ」のグレード0

-「ブラウ」以外のグレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

他のデッキとの比較 節を編集

 他の【ノヴァグラップラー】に比べて、主要な能力誘発条件が『「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時』というゲーム序盤では誘発が狙いやすいがゲーム後半になるつれて誘発が狙いにくくなり、誘発のタイミングを相手にコントロールされやすいといった独特の癖がある。

 反面、序盤からガード強要力の高いアタックを仕掛けていけるので速攻性が高く、相手手札次第では5~7ターン目迄にフィニッシュに持ち込む事も不可能ではない。

このデッキの弱点 節を編集

 「ブラウ」のヴァンガードアタックヴァンガードヒットした時に誘発する能力が中心となるため、能力の使用タイミングはおおよそ相手がコントロールすることになるので、能力誘発ありきの戦術を採るのはあまり得策ではない場合もある。
 特に《ゾンネ・ブラウクリューガー》《ギャラクシー・ブラウクリューガー》については、ドライブチェックで出たヒールトリガーダメージゾーンが減ることで、誘発条件は満たすことに成功したがリミットブレイク能力が有効でないため不発してしまうといったことも十分に考えられる。

 また、相手ダメージゾーンが5枚になるとほとんどのガード強要能力が腐ってしまう、多くのカードの利用が難しくなる。
 そういった場合は、《メテオカイザー ビクトプラズマ》の様なフィニッシュ力の高いGユニットノーマル超越するか、ブレイクライドを狙って一気に勝負を着けてしまうのが良いだろう。

 他にも《モルゲンロート》で、ある程度手札の補充が見込めるとはいえ、リアガードが揃っている事を前提とした能力が多いので、【かげろう】【リンクジョーカー】の様なリアガードの処理を得意とするデッキを苦手とする。
 そういった場合は、リアガードが無くてもある程度フィニッシュを見込める《メテオカイザー ビクトプラズマ》ノーマル超越して、対処したい。

 また、ダメージゾーンの表のカード消費がやや激しい。
 1ターンで大量に消費する場合が多いので、3~4ターン目で《ブラウクリューガー》ライドしたり、大量に消費する直前のターン《メテオカイザー ユニオール》スペリオルコールして枯渇したリソースを補充を行うことで補助したい。

関連リンク 節を編集