《メテオカイザー ガンドリード》 節を編集

Gユニット  〈4〉
ノヴァグラップラー - バトロイド パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、【自】(V)】:このユニットがアタックされたバトルの終了時、アタックがヒットしていなかったら、【カウンターチャージ】(1)。』を与える。

 ファイターズコレクション2017で収録されるノヴァグラップラーGユニット

 ジェネレーションブレイク(1)は、ガーディアンサークル登場した時にヴァンガード1枚に『アタックされたバトルの終了時にアタックヒットしていなかったら、カウンターチャージ(1)する自動能力』を与える自動能力

 そのターンの間、ヴァンガードへのヒットを防ぐ事ができれば、カウンターチャージ(1)を行う事ができる。
 こちらのヴァンガードへのヒットを何度も防ぐ事ができれば、その分だけカウンターチャージを行えるので、なるべくそのターンで1~2回目のバトルに対して使用することが望ましい。
 ただし、シールドの増加が無いのでガーディアンとしては今一頼りにしにくく、有効化も遅いので注意したい。

 こちらのリアガードへのヒットを防いだ場合は誘発しないので、確実に大量のカウンターチャージを行いたい場合はインターセプト等で処理するのも手である。

 カウンターチャージを行えるGガーディアンにはシールドの増加やソウルチャージを行える《メテオカイザー ユニオール》もあるので見劣りするようにも思えるが、あちらと違い、コストを使い切る必要が無く、3枚以上カウンターチャージできる可能性もあるので、上手く使い分ける事が望ましい。

 《メチャバトラー ガンシール》コストにしてスペリオルコールすれば、更なるカウンターチャージを行えるので、必要に応じて併用したい。

 《メチャバトラー ガチバトール》の2つの自動能力とは相性が良く、ヒットされない継続効果を利用して確実にカウンターチャージを行い、リアガードに与えた移動能力コストを調達し、追撃に備えるといった動きが狙える。

 また、コストGゾーンの表のカードが稼げるので、スタンドするリアガードの枚数がそれに依存している《フェイバリットチャンプ ビクトール》との相性も良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/036 RRR イラスト/ToMoそんなヤワな攻撃で、勝てると思うな!