牙龍王拳(がりゅうおうけん) ドライガー/Fang Dragon King Fist, Driger》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(8):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードすべてを【スタンド】し、そのターン中、【自】(R)【ターン1回】:このユニットが【レスト】した時、このユニットを【スタンド】する。』を与え、あなたのリアガード1枚につき、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。

 ファイターズコレクション2017で収録されたノヴァグラップラーGユニット

 ジェネレーションブレイク(8)は、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)で、リアガードすべてをスタンドし、『1ターンに1回、レストした時に自身をスタンドする自動能力』を与え、リアガード1枚につき、パワー+5000を得る自動能力

 使えるタイミングは極端に遅いが、リアガードスタンドすると同時にスタンド能力を与えて手数を稼ぐと共に、リアガードの枚数に応じてパワーを得られる。
 リアガードスタンドした上でスタンド能力を付与する《正義の使者 クリスタルデビル》と性質が似ているが、こちらは効果を適用するリアガードの種類や枚数に制限がないため、《正義の使者 クリスタルデビル》以上の爆発力と【闘魂】以外のデッキでも利用できる汎用性の高さを兼ね備えている。
 与える能力誘発条件も単にレストした時となっているため、ブーストした場合は勿論、《七星怪神 レリッシュレディ》等の相手カード効果レストした場合でも誘発条件を満たしてスタンドすることができる。

 また、リアガードカード効果で選ばずにスタンドし、能力を与えるため、相手《暴虐怪神 ダークフェイス》《幼年司令 ローゼンベルク》によって与えられた能力等によって、カード効果で選べない状態のリアガードもその恩恵を受けられる。

 このカード自身に適用される継続効果リアガードの枚数に依存するとはいえ、リアガードがある程度揃っていればそこそこの効率でパワーを増やせるので要求シールド値を高めるのに役立つ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3250 (2017-05-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3254 (2017-05-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3255 (2017-05-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3266 (2017-05-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3310 (2017-05-02)
    Q. スタンドしているユニットを選んだ場合、どうなりますか?
    A. このカードの効果は「すべての」リアガードを選択しているため、その後の効果もすべてのリアガードに可能な限り付与されます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/012 GR イラスト/ショースケ龍の牙と虎の爪。熱き魂と共にその全てを叩き込め。