《メチャバトラー ガンズドン/Extreme Battler, Gunzdon》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):[このユニットを【レスト】する] あなたのリアガードを5枚まで選び、そのターン中、『【永】【(R)】:抵抗』を与える。
闘魂 - 【自】【(R)】【ターン1回】:あなたのカードの効果で、このユニットが【スタンド】した時、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+4000。

 The GALAXY STAR GATEで収録されたグレード1のノヴァグラップラー

 1つ目の能力は、1ターンに1回、自身をレストすることで、リアガード5枚に『抵抗』を与えるジェネレーションブレイク(1)の起動能力

 ジェネレーションブレイク(1)の制限付きとなるが自身をレストすることをコストリアガード5枚に『抵抗』を与えることにより、《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》《終焉に灯る闇 ラクスカリーナ》等による妨害を防ぎ、リアガードスタンドは勿論、《フェイバリットチャンプ ビクトール》《メテオカイザー バスタード》スタンドの安定性の向上が狙える。

 2つ目の能力は、1ターンに1回、あなたカード効果で、自身がスタンドした時にGゾーンの表のカード1枚につき、パワー+4000を与える闘魂自動能力

 1ターンに1回しか誘発しないが、その1回でGゾーンの表のカードの枚数に応じたパワーを得られる。
 1枚につきパワー+4000という増加量なので、1枚分の効果でも単体でシールド5000要求が行えるパワー11000になるが、2枚分以上の効果ならパワー+15000以上を得られるようになり、Gゾーンの表のカードが増えたゲーム後半ではかなりの高パワーを期待できる。

 効率良く利用するなら単にGユニット超越またはコールするだけでなく《ウイニングチャンプ ビクトール》《メテオカイザー ガンドリード》等のコストGゾーンの裏のカードを表にする能力も活用して、カード効果でこのカードスタンドする前にGゾーンの表のカードの枚数をなるべく多く稼いでおきたい。

 また、Gゾーンの表のカードの枚数が減る《メテオカイザー ドガンティタン》起動能力を利用すると効果量が減るので、Gゾーンの表のカードが少ない状況で併用する際にはその点には特に注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2483 (2018-01-18)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。
  • Q2484 (2018-01-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。
  • Q3654 (2018-01-18)
    Q. 闘魂能力は、スタンドフェイズのスタンドでも発動しますか?
    A. しません。スタンドフェイズのスタンドはルールによるもので、カードの効果ではありません。
  • Q3655 (2018-01-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/027 R イラスト/コガラツリスクを侵すなんて、二流がやることだぜ。