《メテオカイザー ユニオール/Meteokaiser, Unior》 節を編集

Gユニット  〈4〉
ノヴァグラップラー - バトロイド パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたのダメージゾーンに表のカードがないなら、【カウンターチャージ】(2)し、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたのソウルがないなら、【ソウルチャージ】(2)し、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。

 剣牙激闘で収録されたノヴァグラップラーGユニット

 ガーディアンサークル登場した時にダメージゾーンの表のカードソウルといったリソースがないことを要件にそれらのリソースを補充しつつ、シールドを得る2つの自動能力を持つ。

 1つ目の能力ガーディアンサークル登場した時にダメージゾーンに表のカードがないなら、カウンターチャージ(2)し、シールド+5000を得る自動能力

 尽きたリソースの大幅な補充に加えてシールドの増加は破格だが、そのターン中にダメージチェックを行うとダメージゾーンに表のカードが置かれてしまうので、このカードを利用する前には基本的にダメージ処理の発生を防いでおく必要があり、とにかくシールドが必要となる状況では悩ましい問題といえる。
 その為、《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》《終焉のゼロスドラゴン ダスト》等が持つ効果で確実にヴァンガードダメージを与える能力には要件が満たされている状態を崩されてしまうことになる。
 それらの能力ダメージゾーンの枚数が増えれば《正義超人 ブルー・プリズン》要件が満たしやすくなるということなので、そちらと使い分ければある程度は対応できる。

 一応、《シールドライザー》《メチャバトラー ガチバトール》等の他のガードステップ中に使える他のカード能力コストを利用して表のカードを処理しておけば、要件を満たせるが安定してそれを行うのは少し難しい。

 2つ目の能力ガーディアンサークル登場した時にソウルがないなら、ソウルチャージ(2)し、シールド+5000を得る自動能力

 ソウルについては基本的に相手の行動によって増えることは少ないので、ソウルブラストを利用すれば容易に満たすことができる。
 ただし、【ペイルムーン】《仮面の神竜使い ハリー》《宵闇の奇術師 ロベール》等でこちらのリアガードソウルに置くカードがいくつかあるので、それによって妨害される可能性がある。
 また、ノヴァグラップラーにはクロスライド等のソウルの特定のカードが置かれていること要件に含む能力を持つカードもあるため、こちらの要件を満たすためにソウルを減らすよりもそれらの能力の利用を優先した方が有効に働く場合もあるので、一概にソウルを減らしにくい場合もあるので注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2128 (2017-02-02)
    Q. ダメージゾーンに表のカードが無く、ソウルもない場合は両方の能力が発動しますか?
    A. はい、発動します。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/021 RR イラスト/椿春雨真・超絶闘法(メテオアクション)救世楯(ユニオシールド)
G-BT10/S12 SP イラスト/椿春雨(※なし)