仮面の神竜使い(ドラゴン・マスカレード) ハリー/Dragon Masquerade, Harri》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - エルフ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
奇術 - 【自】【(V)】【Gブレイク】(3):[【カウンターブラスト】(2),あなたのリアガードを1枚選び、ソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、ソウルから3枚まで選び、別々の(R)にコールし、あなたのリアガードが5枚以上なら、相手は自分のリアガードを2枚選び、ソウルに置く。そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。

 月煌竜牙で収録されたペイルムーンGユニット

 ジェネレーションブレイク(3)は、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(2)とリアガード1枚のソウルインで、ソウルから3枚までスペリオルコールし、さらに、リアガードが5枚以上なら、相手リアガードを2枚ソウルインし、そのターンの終了時にこの効果スペリオルコールしたユニットソウルインする自動能力

 Gゾーンに表のGユニットが2枚以上なければ有効にならず、Gユニット超越だけで達成しようとすると最速でも10ターン目以降とかなり遅くなってしまう。
 そのため、《終演を告げる者 メフィスト》《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》等のコストを利用して8ターン目以降から使える状態にすることも考えておきたい。

 能力自体は、カウンターブラスト(2)と重めだがスペリオルコールで最大で3枚分の疑似スタンドを行うことができ、強力である。
 1枚のディスアドバンテージを伴ってしまうが、時限誘発ソウルインするリアガードコストに使えば無駄がない。
 加えて《月光の旋律使い ベティ》《ファイヤーリング・ワイバーン》《ダークサイド・ソードマスター》等の能力を駆使すればユニットのいないリアガードサークルを2つ揃えた状態でさらに無駄のない疑似スタンドに繋ぐといったことも十分に狙える。

 リアガードが5枚以上であることを要件とする追加効果によって、相手リアガード2枚のソウルインを狙うことができる。

 狙ったリアガードソウルインを狙うことは難しいものの、疑似スタンドでプレッシャーをかけた上に相手に2枚分のディスアドバンテージを与えることができる。
 《翼竜 スカイプテラ》《スタンプ・ラッコ》等といった退却効果での処理の難しいリアガードでも、それらの能力を発揮させることなく処理できる可能性がある。
 また、シークメイト等のコストに利用されることもないといった独特の利点を持つ。

 反面、ソウルで有効になる能力コスト要件ソウルを必要とする能力に利用されるというリスクを負うことになる。
 特にソウルブラストを起点としてスペリオルコールを行う《神界獣 フェンリル》《烏の魔女 カモミール》《蛙の魔女 メリッサ》等を有する【ジェネシス】ソウルからのスペリオルコールを得意とする【ペイルムーン】に対しては大きな影響を与えられない場合も考えられる。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「輝く未来を掴むまで! 夢はまだ終わらない! ストライドジェネレーション! 《仮面の神竜使い ハリー》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「ハリー」の未来における可能性のひとつ。生意気な少年の面影はすでになく、何事にも余裕を持って対応する落ちついた性格をしている。が、舞台の上ではその落ち着きは何処へやら、満面の笑顔&ハイテンションで登場。観客はもちろん、団員の笑顔を保つことも忘れない超一流のエンターテイナーである。「クロノ・ドラン」を止めるため、少年ハリーの「超越」に応じて登場。「ポップ」の封印を一時的に解放し、クロノ・ドランを止めるための力を過去に自分に与えたものの、この出来事を自身が成長するための試練だと知っていたのか、直接手を下すことなく還っていった。

FAQ 節を編集

  • Q1688 (2015-11-11)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1689 (2015-11-11)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1694 (2015-11-11)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
    Q1695 (2015-11-11)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1696 (2015-11-11)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/002 GR イラスト/叶之明無敵さ! シルクハットさえあればね。
ブースターパック超極審判G-BT08/S25 SP イラスト/叶之明(※なし)