(いただき)()つギアウルフ/Summit Crest Gear Wolf》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ギアクロニクル - ギアビースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのカードの効果で、相手のリアガードが山札に置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 時空超越で収録されたグレード1のギアクロニクル

 ジェネレーションブレイク(1)は、効果相手リアガード山札に置かれた時にパワー+3000を得る自動能力

 【ギアクロニクル】が得意とする、相手リアガード山札に置かせる効果パワーを得られる。

 《フェイトホイール・ドラゴン》《次元放逐の時空巨兵》等はタイミングの都合上、この能力誘発にはあまり適していない。
 そのため、主に《クロノジェット・ドラゴン》《スチームファイター アンバー》等を使って誘発させることになるだろう。

 特に《クロノジェット・ドラゴン》は事前にこのカードリアガードサークルコールしておけば継続的に誘発させられるので、相性は良い。

 ただし、1ターン中に連発できるような能力がないので複数回の誘発は狙いにくい。
 またGユニット超越を狙うとなると必然的にパワー11000以上の前列が確保しにくい点は留意しておきたい。

 Gゾーンに表の《時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン》がある状態で、《時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション》を利用すれば手軽に最大でパワー+15000を得ることができる。
 《時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン》と併用すればヴァンガードアタックに対するガード強要力をさらに引きあげることができる。

 ただし、容易に複数の誘発が望める場合は《ミストゲイザー・ドラゴン》に劣りやすくなる。
 《ニキシーナンバー・ドラゴン》《ルインディスポーザル・ドラゴン》の様に誘発数が少なめになることが多いカードが主軸の方が扱いやすいだろう。

  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック時空超越G-BT01/099 C イラスト/kojiああ、あの魂は山に帰ったのだな。