【ドラゴニック・オーバーロード “The() Legend(レジェンド)”】 節を編集

概要 節を編集

 《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》を主体とし、グレード4以上のヴァンガードのサポートを活かす【オーバーロード】

 ジェネレーションブレイク主体という【オーバーロード】の派生型だが、他のジェネレーションブレイク主体のデッキと違いGユニットの運用自体には重きを置かないというかなり変わったデッキ

 基本戦術であるアタックそのものでアドバンテージ相手へのディスアドバンテージを稼ぎに行くという動きに関しては他の【オーバーロード】と変わらないが、特にグレード4のヴァンガードアタックした時に誘発条件が満たされる能力を持つリアガードとの連携を目指す、という戦術が最大の特徴。

 そのため、基本的には《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》起動能力を優先的に使用してグレード4のヴァンガードバトルを行う回数を稼ぎ、リアガード能力を複数回誘発させてパワーの獲得、あるいは相手ディスアドバンテージを与え、それが不適当な状況になった場合の対応策として他のGユニットを運用する、というプレイングが適当だろう。

 他の【オーバーロード】と比較した場合、全体的なパワーの出力や退却手段、アドバンテージ獲得性能には恵まれており、正攻法での殴り合いであれば随一の強さを誇る。

 一方でジェネレーションブレイク(2)までスムーズに有効にしなければ実力発揮が難しく、他のジェネレーションブレイク能力主体のデッキに対して輪を掛けて鈍足であり、《エアーエレメント シブリーズ》《エアーエレメンタル ツイテルン》でもその難点が克服できず、更には相手リアガードの展開状況にこちら側の大半の武器が影響を受けるなど、実際には難点になる事も多い。

 これらの弱点を構築やプレイングで如何に補うことができるかが大きなポイントになるだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》起動能力で得られる3:3交換のスタンド能力は優秀ではあるが、インターセプト潰しや手札交換の側面が強く、圧力はドライブチェックの結果に依存するところが大きいので、無闇に使用するとデッキアウトの危険性がある。
 その為、【グレートネイチャー】【オラクルシンクタンク】【リンクジョーカー】等、防御力の高いデッキは全体的に苦手である。
 その為、相手ダメージゾーンが4枚以上なら、状況に応じて《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》《超越神龍 ヌーベルバーグ・レクスプレス》等の他のフィニッシャーを利用することも考慮しておきたい。

関連リンク 節を編集