皇竜騎士(こうりゅうきし) ネハーレン/Emperor Dragon Knight, Nehalem》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(R)】【Gブレイク】(1):あなたのターン中、あなたの「オーバーロード」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)】:あなたのグレード4以上のヴァンガードがアタックした時、そのターン中、このユニットのパワー+5000。』を得る。

 The Overlord blaze “Toshiki Kai”で収録されたグレード2のかげろう

 ジェネレーションブレイク(1)は、「オーバーロード」のヴァンガードがいるならパワー+2000と『グレード4以上のヴァンガードアタックした時にパワー+5000を得る自動能力』を得る永続能力

 有効になるのは6ターン目以降と遅いが、それぞれの要件自体は「オーバーロード」のGユニット超越せずとも、「オーバーロード」をハーツ化したり、《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》起動能力を使用する等して、グレード4以上の「オーバーロード」のヴァンガードを用意すればよいので、グレード3を「オーバーロード」で固めておけば満たすのはそう難しくはない。
 最悪、ジェネレーションブレイク(1)さえ有効になれば、グレード4以上でない「オーバーロード」のヴァンガードでも、パワー+2000の恩恵までならば受けられる。
 要件が共通する《バーニングホーン・ドラゴン》に多少劣るが、単体で運用する上で機能させることができる最低限の数値にはなる。

 得られる自動能力まで利用できれば単独でパワー16000に達することができ、ブーストを含めればパワー21000ライン以上を容易に狙える。
 8ターン目以降となるものの《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》起動能力で得る能力を利用すれば、2回の誘発の機会が訪れるので単独パワー21000を狙えるようになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国二大柱軍の片翼、強襲部隊“かげろう”――その中でも最強と名高い猛将「ドラゴニック・オーバーロード」の部隊に所属していたという竜騎士。帝国所属の「ヒューマン」の中では最強と呼ばれるに恥じない実力を誇り、現役時代の彼を降す騎士は終ぞ現れなかった。オーバーロード直属の部下ではあるが、同時に皇帝を守護する親衛隊「竜皇騎士」としての任を帯びているため、出陣の際には皇帝から勅命を得る必要がある。部隊の誰よりもオーバーロードに心酔しており、彼と並び立って戦えることを常に誇りに思っていた。「人である以上、竜であるオーバーロードには決して追いつけない」と考えていたかつての彼が見たのは、その竜と互角に渡り合う「白い剣士」。いつかあの高みへと登り詰めるため、青き竜騎士は主君である暴竜と並び立つべく、まだ見ぬ強者を追い求める。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

レジェンドデッキThe Overlord blaze “Toshiki Kai”G-LD02/006 イラスト/ショースケ未だに彼を倒す者は現れない。 おそらくこれからも。