神獄封竜(しんごくふうりゅう) クロスオリジン/Helldeity Seal Dragon, Crossorigin》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「封竜」を含むハーツカードがあるなら、Gゾーンの表の「神獄封竜 クロスオリジン」1枚につき、相手のリアガードを1枚まで選び、退却させる。相手は自分の山札の上から4枚公開し、その中から、この効果でドロップゾーンに置かれたユニット1枚につき、グレード2のカードを1枚選ぶ。相手はその選んだカードをユニットのいない別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。相手のグレード2のリアガードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

 ファイターズコレクション2015 winterで収録されたかげろうGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、「封竜」のハーツカードがあるなら、Gゾーンの表の《神獄封竜 クロスオリジン》1枚につき、相手リアガードを1枚まで退却させ、相手デッキトップから4枚を公開し、その中から、この効果ドロップゾーンに置かれたカード1枚につき、グレード2のカードスペリオルコールし、相手グレード2のリアガードが2枚以上なら、クリティカル+1を得る起動能力を持つ。

 「封竜」のハーツカードがあることを要件とする効果は、Gゾーンの表の2枚目以降の枚数に応じて相手リアガード退却させ、相手公開したデッキトップ4枚からグレード2のカードスペリオルコールする単発効果

 《封竜 コーデュロイ》能力と似たような使い方となるが、こちらはデッキトップ公開させてグレード2のカードがあれば強制的にユニットのいないリアガードサークルスペリオルコールさせる。
 つまり相手にはグレード2のカード公開した場合に、グレード2のカードスペリオルコールしないという選択肢もなければ、ユニットのいるリアガードサークルスペリオルコールすることもできない。
 そのため、スペリオルコールさせることに成功すれば後半の継続効果要件を満たすだけでなく、そのターン中に利用する《炎獄の封竜騎士》《封竜 ガリサージ》効果効率の引き上げにも繋がってくる。
 そうでなくてもスペリオルコールが発生すれば、《封竜 ドスキン》等の自動能力等の能力誘発に繋がり、パワーだけでなくコストも取り戻せる。
 ただ、何枚退却させようともデッキトップ4枚という範囲は変わらないため、複数枚のスペリオルコールは厳しいと考えて良いだろう。

 退却させる回数はGゾーンの表の《神獄封竜 クロスオリジン》の枚数だが、起動能力コストで表にするGゾーンカードは特に指定が無い。
 1枚目を超越した際にはGゾーンの裏の2枚目をコストにする事になるが、3枚目を超越した際には山札の枚数やフィールドの状況次第でコストに4枚目を使わず、別のカードを表にする選択肢もある。
 この為、多少効率は悪くなるがこのカードを合計で3枚まで超越する事ができる様になり、状況によっては不要なGゾーンカードを表にすることも考えておきたい。

 相手グレード2のリアガードが2枚以上であることを要件とする効果は、クリティカル+1を得るという単純な継続効果

 多少不安定だが、前半の単発効果によって相手グレード2のリアガードの枚数を強制的に増やすことができるので、使用した時点で1枚以下であっても、運次第で要件を満たすことができる。
 相手フィールドをかき乱しながらのクリティカル+1はなかなかの脅威で、純粋にこのカードを警戒してグレード2のカードコールを躊躇わせるだけの働きは期待できる。
 思ったようにいかない可能性はあるが、枚数が増えなければその分相手リアガードを減らせているということではあるので、どちらにせよ超越して損ということはない。

 この能力を使用する前から相手グレード2のリアガードが2枚以上あれば、「封竜」のユニットハーツ化せずとも、要件を満たしクリティカルを得られる。
 かげろうで近い役割を担えるGユニットジェネレーションブレイク(2)の制限付きの《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”》の他にはいないため、ハーツ化することのできる「封竜」のカードを採用していなくとも、この効果だけを目当てに採用する価値がある。

 【封竜】よりのデッキでないことが分かれば、相手グレード2のカードコールを特別警戒しないはずなので、普通に要件が達成できることも十分期待できる。
 クリティカルの上昇だけが目当てならば、Gゾーンにある2枚目をコストにする必要も無いのでGデッキに1枚程度採用するだけで十分だろう。
 その際にコストで表にするカード《神龍騎士 ムスタファー》《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”》等にしておくとそれらの効果量を稼げるようになるので効率が良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国の地下監獄最下層に封じられ、今なお眠り続けているという原初の封竜。「封竜」に施す特殊な封印術の基礎を作り上げた存在。なお、「クロスオリジン」とは、当時の学者が彼の行動を讃え、「原初(オリジン)」と彼の名の一部である「クロス」を組み合わせた通称である。もとは帝国の名将だったが、滅びを望む悪しき守護竜によって強大な力を押し付けられ暴走。結果、帝国西方すべてを焦土に変えてしまうことになる。自身の危険性を自覚した彼は、建設途中だった地下監獄「マグナプリズン」の最下層に身を潜め、その後1度も地上に姿を見せることなく、永遠に目覚めることのない封印を身にかけた。この封印を解析・調整して生まれたものが、現代の封竜を縛る封印術であることは言うまでもない。

FAQ 節を編集

  • Q1772 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1773 (2015-12-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1775 (2015-12-17)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1777 (2015-12-17)
    Q. 「○枚につき、×枚選ぶ」という効果で、同一のカードを複数回選ぶことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q1778 (2015-12-17)
    Q. このコールは強制ですか?
    A. はい、そうです。公開したカードの中にグレード2のカードがあり、ユニットのいない(R)があるなら必ずコールしなければいけません。
  • Q1779 (2015-12-17)
    Q. 「封竜」を含むハーツカードがなかったり、表の「神獄封竜 クロスオリジン」がなくても、グレード2のカードが2枚以上いれば、クリティカルは上昇しますか?
    A. はい、上昇します。
  • Q1780 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンに表の「神獄封竜 クロスオリジン」が複数枚ある場合、その分だけ4枚公開するのですか?
    A. いいえ、何枚あっても公開するのは4枚です。
  • Q1781 (2015-12-17)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 winterG-FC02/003 GR イラスト/lack惑星をも滅ぼす力。竜は自らを封印した。
PRカード掴み取れ未来! ディペンドカードキャンペーンG-FC02/003 GR DEPEND イラスト/lack惑星をも滅ぼす力。竜は自らを封印した。