破壊暴君(はかいぼうくん) ヘルレックス・マキシマ/Destruction Tyrant, Hellrex Maxima》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの「レックス」を含むハーツカードがあるなら、山札から「レックス」を含むカードを1枚まで探し、表でバインドし、その山札をシャッフルする。バインドしたら、あなたの前列のユニットを3枚まで選び、そのターン中、パワー+4000。

 ファイターズコレクション2015 winterで収録されたたちかぜGユニット

 1ターンに1回、リアガード1枚の退却で「レックス」のハーツカードがあるなら、山札から「レックス」を1枚まで表でバインドし、バインドしたら、前列ユニット3枚までにパワー+4000を与える起動能力

 「レックス」のハーツ化が必須となるが、リアガード1枚の退却前列ユニット3枚のパワーの増加が行える。
 1ターンに1回のみとなるがパワーを与える要件を満たす過程で山札から「レックス」のカード1枚を表でバインドするので、《突撃竜 アサルトレックス》永続能力要件を確実に満たすことができ、《破壊竜 スコールレックス》《凶弾竜 ラプトレックス》バインドすることで、それらの自動能力の下準備の役目も果たせる。
 このカード自体が《破壊竜 スコールレックス》《凶弾竜 ラプトレックス》誘発条件に対応するという点でもかみ合っている。
 コストによる退却《破裂竜 ミニレックス》誘発の起点となるので、手札を使わずにリアガードを揃えたい場合の補助手段になる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「破壊暴君」と称された「アークレイダー」同様、未来で起きた事故によって、過去に強制転送された《たちかぜ》の戦士。彼が飛ばされた先は《たちかぜ》が存在してないほどの古い時代であり、「ディノドラゴン」は帝国の大半を占める獰猛な野生の竜として、各所で猛威を振るっていた。「ヘルレックス」が最初に取った行動は、帝国中のディノドラゴンを死なない程度に痛めつけ、彼らを恐怖によって支配することだった。しかし、予期せぬ「クロスオリジン」の暴走によって、多数のディノドラゴンが消滅。ヘルレックスもまた、力の奔流に呑まれて生死不明となる。暴君の野望は潰えた。しかし、当時を知る者たちは今も忘れてはいない。ただ1頭で国を脅かすだけの戦力を有していた恐るべき破壊者の姿を。

FAQ 節を編集

  • Q1772 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1773 (2015-12-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1793 (2015-12-17)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 winterG-FC02/014 RRR イラスト/安達洋介純粋無垢の破壊衝動。それがレックス。