凶弾竜(きょうだんりゅう) ラプトレックス》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【バインドゾーン】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの「レックス」を含むユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールし、そのターン中、パワー+2000。
【自】:このユニットが(R)に登場した時、あなたの「レックス」を含むグレード2以上のヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+2000。

 剣牙激闘で収録されたグレード1のたちかぜ

 1つ目の自動能力は、「レックス」を含むユニットヴァンガードアタックした時、リアガード1枚をコストバインドゾーンの自身をスペリオルコールし、自身のパワーを2000上昇させるもの。 
 このカードバインドゾーンに置く手間がかかるものの1:1交換の疑似スタンドを狙うことができる。
 自身の2つ目の自動能力も同時に利用すれば、単体でも、相手パワー11000までのユニットに対してアタックヒットを狙うことができる。

 《サベイジ・ミスティック》能力を利用すれば、こちらのコストで他の《凶弾竜 ラプトレックス》を退却するだけで、入れ替わる形で《凶弾竜 ラプトレックス》をバインドゾーンに置くことができるので実質的に使い回しが効く様になる。

 2つ目の自動能力は、リアガードサークル登場した時「レックス」を含むグレード2以上のヴァンガードがいる場合に、ターン中、自身のパワーを2000上昇させるもの。 
 手札からコールした場合でも問題なく利用できるが、自身の1つ目の自動能力や「レックス」のカードハーツ化した《大帝竜 ガイアダイナスト》等の能力スペリオルコールした場合にも利用できる。
 要件についてもメインデッキグレード2以上の「レックス」のカードをある程度多めに入れておけば、3ターン目以降ならまず満たせるだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3066 (2017-02-02)
    Q. この効果で、このユニットを【ブースト】しているユニットがいるサークルにユニットをコールしました。【ブースト】のパワー増加はどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q3068 (2017-02-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3091 (2017-02-02)
    Q. このカードの【バインドゾーン】の能力は、このカードが裏でバインドされている時でも使えますか?
    A. 使えません。バインドゾーンで裏になっているカードはカードの情報やテキストは何もないものとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/065 C イラスト/前河悠一銃弾は前から飛んでくるとは限らない。