火竜(かりゅう)(やり) ター/Spear of the Flame Dragon, Tahr》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - デーモン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】【ターン1回】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] 他のあなたのユニットを1枚まで選び、そのターン中、パワー+4000し、【自】(V)/(R)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、山札の上から5枚見て、グレード3以上の〈フレイムドラゴン〉を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。』を与える。

 The Overlord blaze “Toshiki Kai”で収録されたグレード1のかげろう

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、他のユニット1枚までにパワー+4000と『ヴァンガードアタックした時にデッキトップ5枚からグレード3以上のフレイムドラゴンを1枚まで手札に加える自動能力』を与える起動能力

 起動能力ということもあり再利用ができるのは魅力だが、パワー+4000を与えるためだけに使うにはコストが少々重い。
 ただ、与えられる自動能力は不確定とはいえ手札を増やすことができるのでアドバンテージを稼ぎにくい【かげろう】では十分優秀であるといえる。

 能力を与えたユニットスタンドを行える能力と組み合わせれば2回以上誘発できるので、積極的に狙っていきたい。
 ただ、相手ヴァンガードアタックする必要があるので、《ドラゴニック・オーバーロード “The Legend”》《煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート》等では1回しか誘発できないので注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

絶対的な力と引き換えに、闘争心以外の感情を蝕むという「勝利の化身」を呼び覚ますカギのひとつ。
まとった者の闘争心・敵愾心をかきたてる呪われた槍であり、一度装備してしまったが最後、
装着者の生命力を吸い尽くすか、装着者本人が物理的に死亡しない限り、外れることは無い。

この時代におけるターの所持者は、人ではなく、とあるドラゴンの戦士だった。
本来であれば呪われた槍に心を壊され、肉体が滅びるまで戦い続ける狂人となるはずだったが、
彼の意識は槍に取り込まれた後、槍の中で再度覚醒。逆に、槍に眠る呪いの根源が彼の元の身体に
移ってしまうという奇妙な現象が起こった。

非常にややこしい話ではあるが、今の呪われた槍に宿っているのは所持者の魂であり、所持者の身体に
宿っているのが呪われた槍の魂ということになる。

槍の力が使えるようになった彼は、槍の意識を宿した自分の身体を乗っ取り、
これまでと変わらず帝国の戦士として多忙な日々を送った。
誰にも気づかれることなく、これほど数奇な運命を辿った者は、広大な帝国にもそうそういないだろう。

FAQ 節を編集

  • Q2007 (2016-03-17)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2008 (2016-03-17)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2015 (2016-03-17)
    Q. 見たカードの中に、当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 置く場所を指定されている場合はその指示に従い、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。

収録情報 節を編集

レジェンドデッキThe Overlord blaze “Toshiki Kai”G-LD02/008 イラスト/松島一夫竜の牙に勝る槍。 これを軽んじる者はいない。