煉獄皇竜(れんごくこうりゅう) ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート/Perdition Emperor Dragon, Dragonic Overlord the Great》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から2枚選び、捨てる] このユニットがリアガードにアタックしたバトルの終了時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードをすべて【スタンド】する。そのターン中、この能力は使えなくなる。(コストを払わなくても、この能力は使えなくなる)
【自】【(V)】:[あなたの(V)にいるユニットと同名のあなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

 ネオンメサイアで収録されたグレード3のかげろう

 シークメイトの指定カードは、リアガードサークル登場した時に『同じ縦列の相手リアガード退却させる自動能力』を得る《煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム》

 双闘状態での能力は、1ターンに1回、リアガードアタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(1)と手札2枚のドロップヴァンガードすべてをスタンドする自動能力

 《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)自動能力ヴァンガード1枚に与える能力に近い。
 手札コストが1枚多いが、《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)再ライド手札を1枚消費するので実質的には同等の2:2交換になる。
 また、《ドラゴニック・オーバーロード》(ブレイクライド)と違って双闘している限り、複数ターンにわたって使用できる。

 単純に見ると相手リアガード1枚とカウンターブラスト(1)の交換のようになるが、追加で2回分のドライブチェックの機会の獲得と疑似的な手札交換、他の能力とのコンボにより、大きなアドバンテージを得るのは容易い。

 継続的な使用が容易であり、シークメイト山札トリガーユニットの比率を高められればその分アドバンテージを得やすくなるので、ゲームが長引くほど力を発揮すると言える。

 また、《リザードジェネラル コンロー》能力で与える能力を2回誘発させられる。

 リアガードアタックした際にヒットを妨げられる可能性は極めて低く、《リザードソルジャー ファーゴ》《煉獄竜 ペタルフレア・ドラコキッド》によって与えられた自動能力も最低1回は誘発を見込め、1:1交換以上を狙える。

 また、《ドーントレスドライブ・ドラゴン》能力で与える能力を利用すれば、6:4交換の効率で2回のスタンドを狙える。

 もう1つの自動能力コストは厳しいがアタックヒットした時に同名のリアガード退却させることで1:1交換での相手リアガード退却が行える。

 双闘状態であれば誘発の機会とコストの対象が増やせるのでいくらか使い勝手が良くなる。
 双闘状態でリアガードアタックした際、ヒットを妨げられる可能性は極めて低いので誘発の確実性自体は高いが、先にコストとなるリアガードアタックしてしまうと前列リアガードインターセプトに使われてこちらの1つ目の自動能力が使えなくなる危険性もあるのでスタンド状態のリアガードコストにすることも考慮に入れることになる。
 この際、こちらのリアガード退却が先であるので、《煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム》コストにした場合、そちらの自動能力で得た自動能力要件を満たすことはできないので注意したい。

 また、「煉獄」と「オーバーロード」に属しているので、それぞれのサポートカードを利用できる点も魅力的である。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では第7話の「ヴァンガードクイズ大会」にて、イラストからカード名を当てる早押しクイズの問題として登場した。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

改変世界に設立された特殊部隊《煉獄》を統べる指揮官。この世界では好敵手である「ブラスター・ブレード」と出会わなかったため、禁断の力、反転の力に触れる必要もなかった。その結果、必要に応じて純粋に力を求め、形態進化を繰り返した姿こそ、この「グレート」なのである。しかし、これほどの力を手にしながら、彼は己という存在に違和感を覚えていた。その答えを握る鍵が、このクレイに迫っている。彼方にて待つ『敵』を見据え、大君主は今、その両翼を力強く広げる。

  • カードではテキストで隠れてよく見えないが、スリーブで見ると彼の代名詞ともいえる「黙示録の剣」らしき剣を二振り所持しているのがわかる。「黙示録の剣」には模造品も存在しているとされるが二振り共が模造品でなかった場合、正史世界では別に所有者がいたはずだがいささか謎である。もしかしたら改変世界では《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》に「黙示録の剣」が下賜されず、彼に二振り共が下賜されたのかもしれない。
    • 《ドラゴニック・オーバーロード》の所持する「黙示録の剣」とは刀身の形状が微妙に異なるため別の武器の可能性もある。もっとも所有者のその時の力に応じ形態変化するのかもしれないが。

FAQ 節を編集

  • Q1070 (2014-09-12)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか??
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q1071 (2014-09-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q1075 (2014-09-12)
    Q. このユニットがBT15「ドラゴニック・オーバーロード」にライドし、【リミットブレイク】能力を使いました。その後、このユニットが双闘し、相手のリアガードにアタックしました。BT15「ドラゴニック・オーバーロード」から与えられた能力で、このユニットをスタンドし、別のリアガードにアタックしました。このユニットの2番目の能力でスタンドできますか?
    A. いいえ、できません。1回目のリアガードへのアタック時にこの能力は誘発しており、コストを支払わなくてもそのターン中に使えなくなるからです。

収録情報 節を編集

ムービーブースターネオンメサイアMBT01/003 RRR デザイン:伊藤彰田澤潮 イラスト:竜徹迸れ煉獄の炎! エターナル・エクスプロージョン!
MBT01/L03 LR デザイン:伊藤彰田澤潮 イラスト:竜徹煉獄の炎は、何度でも燃え上がる。
MBT01/S03 SP デザイン:伊藤彰田澤潮 イラスト:竜徹彼は煉獄の王。闘うことで己を語る。