魔界城(まかいじょう) 節を編集

概要 節を編集

 「魔界城」を中核とした【シャドウパラディン】
 厳密には、「魔界城」のリアガードコストに2:3交換のスペリオルコールできる《魔界城 トートツィーゲル》を軸としているといった方が近い。

 他の【シャドウパラディン】と比べるとヴァンガードとなる《魔界城 トートツィーゲル》パワー10000なので防御力が多少落ちるが、『グレード2以下のカード』というほかに例を見ないほど非常に広いスペリオルコール対象を持ち、状況に応じて様々なユニットを展開できるのが強み。

 「魔界城」のカード元々のパワーが及第点以下であるものが多く少々物足りないが、それらを退却コストにすることで必要なリアガードに変換するので大量に積まない限りはあまり気にならない。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―「魔界城」のグレード3

―「魔界城」以外のグレード3

―「魔界城」のグレード2

―「魔界城」以外のグレード2

―「魔界城」のグレード1

―「魔界城」以外のグレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 スペリオルコール能力はかなりのものだが、グレード2以下の「魔界城」には低パワーユニットが多いためパワー不足になりやすい。
 
 また、現状グレード1の「魔界城」が2種類しかなく、その内1種類は守護者のためコールしにくく、グレード1の「魔界城」不足に陥りやすい。

  総じて「魔界城」のパワーが低い、グレード1以下の「魔界城」が少ないという2つの問題が存在するためクロスライド等によってヴァンガードパワーを高めたり「魔界城」のリアガード退却する手段があるなら優位に立ちやすいと言える。

関連リンク 節を編集