魔界城(まかいじょう) 節を編集

概要 節を編集

 「魔界城」を中核とした【シャドウパラディン】
 厳密には、「魔界城」のリアガードコストに2:3交換のスペリオルコールできる《魔界城 トートツィーゲル》を軸としているといった方が近い。

 他の【シャドウパラディン】と比べるとヴァンガードとなる《魔界城 トートツィーゲル》パワー10000なので防御力が多少落ちるが、『グレード2以下のカード』というほかに例を見ないほど非常に広いスペリオルコール対象を持ち、状況に応じて様々なユニットを展開できるのが強み。

 「魔界城」のカード元々のパワーが及第点以下であるものが多く少々物足りないが、それらを退却コストにすることで必要なリアガードに変換するので大量に積まない限りはあまり気にならない。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

このデッキの弱点 節を編集

 使用する際の注意点として、リアガードは基本的にパワー不足になりやすい。
 現実的にブーストパワー+9000以上を与えることが出来るグレード1のシャドウパラディンは、登場した時の能力ででパワーを得た《ナイトスカイ・イーグル》くらいしかいないため、「魔界城」のパワー不足を補うのは難しい。

 相手としては、《魔界城 トートツィーゲル》に備えて「魔界城」のリアガード退却させ続けていたら、全く違う能力を持つ《魔界城 トートヴェヒター》に変更され思わぬ打撃を受けた、という事もざらではないため注意が必要。

  総じてヴァンガード能力は強力だが、他の「魔界城」はお世辞にも優秀とは言いがたく、相手スペリオルコールするカードを見極め、それにあわせて対処していく事が求められるだろう。

関連リンク 節を編集