魔界城(まかいじょう) トートツィーゲル/Demon World Castle, ToteZiegel》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - ゴーレム パワー10000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2),あなたのカード名に「魔界城」を含むリアガードを2枚選び、退却させる] あなたの山札からグレード2以下のカードを3枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 宵闇の鎮魂歌で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(2)と「魔界城」のリアガード2枚の退却で、山札からグレード2以下のカードを3枚までスペリオルコールする起動能力

 グレード2以下のカード全般をスペリオルコールできる幅の広さは有意義。
 ただ、コストとなる「魔界城」のカードグレード2以上が大半を占める上に種類もそう多くなく、性能面でもさほど汎用性に優れていないため、運用に際しての問題が大きい。

 アドバンテージ上では2:3交換だがリミットブレイクや「そのターン中、使えなくなる」、退却コスト等の制限から見ても割に合っているとは言い難い。
 主にメインデッキに入れるグレード2以上のカードの枠が「魔界城」のカードで圧迫されるため「魔界城」以外のグレード2のカードの選択肢が制限されてしまうのも厳しいところ。

 スペリオルコールの候補としては安定したパワーを持ち、「魔界城」のユニットブースト役として重要性の高い《黒の賢者 カロン》《勤厚の騎士 マゾルフ》が筆頭に上がり、次点としてさらなるアドバンテージにつなげられる《黒翼のソードブレイカー》が挙げられる。
 ただ、「魔界城」のグレード2のカードはほぼ元々のパワー8000で統一されており、《魔界城 ツヴァイシュペーア》能力を使ってパワー12000なので要求シールドに支障が出やすい。

 グレード2のスペリオルコール候補は「魔界城」のカードの中では《魔界城 ファタリテート》シールドを稼げる可能性がある程度。
 他のグレード2のカードは「魔界城」のカードで圧迫された枠の中から工面しつつこちらの起動能力コスト競合を起こさないようにカウンターブラストをあまり使わないものに限られてくる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 「トートツィーゲル(Tod Ziegel)」とは、ドイツ語で「死の煉瓦」を意味する。

FAQ 節を編集

  • Q967 (2014-06-19)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q975 (2014-06-19)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。

収録情報 節を編集

エクストラブースター宵闇の鎮魂歌EBT11/010 RR イラスト/Eel視界を覆い尽くす魔界の城。ああ、あれが絶望だ。