魔界城(まかいじょう) トートヴェヒター/Demon World Castle, Totwachter》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - ゴーレム パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[あなたのグレード1のリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルする。

 覇道竜星で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 1つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時にグレード1のリアガード1枚の退却パワー+5000/クリティカル+1を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 使えるタイミングの遅さは気になるが、リアガード1枚の退却パワークリティカルが増やせるというコスト効率はそれなりによい。
 ヴァンガードサークル登場した時の能力スペリオルコールして用済みとなった《黒翼のソードブレイカー》コストに使えると良い。

 ただし、退却コストグレード1のリアガードしか使えない。
 能力を使う機会を逃したファーストヴァンガードドロートリガー等を利用することはできないことに注意。

 スペリオルコール能力では、グレード1のカード限定となるがコスト効率は良い。
 多少コスト消費が嵩むことになるが《黒翼のソードブレイカー》等をスペリオルコールすることで更なるアドバンテージの獲得に繋がる。
 5ターン目で相手ノーマルライドを見送った場合には《エアーエレメンタル ツイテルン》スペリオルコールすることで、1つ目の能力の利用に繋げクリティカル2での強襲を狙えるようになる。

 とはいえ、ノーマル超越が前提となるので、《禁書を読み解く者》等を介さずとも直接グレード0のカードスペリオルコールできる《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》と比べるとやや見劣りする

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「トートヴェヒター(Totwachter)」とは、ドイツ語で「死の番人」を意味する。

FAQ 節を編集

  • Q1048 (2015-05-28)
    Q. ユニットの能力で、バトル中に【ブースト】しているユニットをドロップゾーンに置きました。【ブースト】のパワーは増加どうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中にドロップゾーン等に移動した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/045 C イラスト/kojiへえ珍しいな。動かない城なんて。